スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Really/J.J.ケイル

さてさて、なかなか情報が得にくいこの人、J.J.ケイルです。大ファンです。
これまで、ベスト・アルバム「スペシャル・エディション」とデビュー・アルバム「ナチュラリー」をここで紹介しました。

すっかり、このいぶし銀の世界に魅了されてしまった訳ですが、購入時期も思い出せないので、ここは、順番に「ナチュラリー」に続く2ndアルバムについてです。

リアリー」(Really

リアリー1972年(73年?)発売。
シェルターから出されたJ.J.ケイルの2ndです。

購入は国内盤の「ロック・スーパー・コレクション」というシリーズで、1978年に1,500円で再発されたものですね。

ダルそうなハスキーなヴォーカルと控えめで渋いギターは相変わらずです。
収録曲について何曲か紹介すると、

1曲目の「ライズ」(Lies)がちょっとだけヒットしたようです。この曲はホーン・セクションが効果的に使われていて(他曲では使ってないですね)、ギターも渋くて良い曲ですね。

B面2曲目の「ゴーイング・ダウン」(Going Down)はドン・ニックス作のようですが、この曲はジェフ・ベックなんかもやっていて有名ですが、J.J.ケイルのアレンジはまさにこの人ならではのダルさで演奏されていて、これがまた魅力です。

B面5曲目の「モージョ」(MoJo)はマディの有名な曲ですが、ここでも緊迫感とか迫力とかとは違う、しかし渋~い演奏をさらっとやってますね。

上記の2曲以外は本人の作品ですが、どの曲も楽曲は良くできていますし、ギターは実にツボにはまっていて、特に凝っているわけではないシンプルなアレンジもこの人の演奏にピッタリハマっています。
そして、決して声を張り上げる事なく、ルーズとも言えるその歌声は、男の哀愁が漂ってるな~。

ブルース、R&B、カントリーや南部の香り等、様々なエッセンスを感じ取れますが、結局は味わい深いこの人の世界。
この世界にハマると何だか抜け出せないんですよね。

まぁ、大ファンですから良い事しか言わないんですが、人によってはこのルーズさやラフさ加減を受け付けない人もいるだろうことは否定できませんね。

クラプトンが憧れ、影響を受けたというJ.J.ケイル。
何ものにも惑わされる事のない、我が道を行く、その音楽に対するスタンスがカッコいいです。

レイドバックという言葉は曖昧ですが、それでも、これぞ“レイドバック”なのかなぁ。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでReally - J.J.ケイルをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : J.J.ケイル リアリー J.J.Cale Really

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。