スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

American Hero/マイク・ブルームフィールド

白人ブルース・ギター・ヒーローのマイク・ブルームフィールドです。
とはいえ、この人のアルバム、特に1970年代以降のものはなかなか手にする事ができませんでした。

このアルバムも、どのような経緯のものかはよく分からないのですが、レコード店で目にしてとにかく手を出しました。

American Hero

American Hero1984発表の輸入盤を手にしましたが、アルバム詳細はまったく分かりません。
イギリス盤です。

1965年からのバターフィールド・ブルース・バンド、そしてエレクトリック・フラッグ、その後のスーパー・セッション。
1973年のジョン・ハモンドとDr.ジョンとの「三頭政治(Triumvirate)」。
ここら辺までは、ソロ・アルバムもはさんで、活躍していたようですが、その後はソロ・アルバムを出しているものの薬物の問題もあり目立った活躍が少ないようで、情報も極端に少なくなってしまうんですよね。

「Junko Partner」(1982年)というアルバムがありますね。
そちらは持ってないので、はっきりとは分からないですが、ジャケットがほぼ同じで、収録曲も同じなのではないでしょうか。
すると、どういう繋がりなのだろうか?さっぱり分かりません(苦笑)

ちなみにジャケットはアコースティック・ギターを持っているイラストですが、アコースティックの曲はありませんね。

で、このアルバムの内容ですが、ブルースと言っても、様々なスタイルのブルースを、かなりリラックスして演奏しています。
演奏自体は、録音状態も含めて結構ラフなんですが、それがかえって本当に楽しそうな雰囲気をかもし出していて、何ともいい感じです。
恐らくボーカルは本人のようですね。上手くはないですが、気持ちよさそ~に歌ってます。

たっぷりとブルース・ギターを聴かせてくれる曲はもちろんご機嫌ですが、数曲収録されているニューオーリンズ風の曲がいい味出してます。
A面5曲目の「Junko Partner」はドクター・ジョンの「ガンボ」(記事はこちら)にも入っている曲ではないでしょうか。
(プロフェッサー・ロングヘアもやってますね)

内容詳細が分からなくても、何たってマイク・ブルームフィールドのギターですからね。
充分楽しめました。

それにしても、37歳没(1981年2月15日)ですか…。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでAmerican Hero - マイク・ブルームフィールドをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : マイク・ブルームフィールド アメリカン・ヒーロー American Hero

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。