スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Outlaws/アウトローズ

元々は、サザン・ロックと思って聴きだしたのではなく、高校の時のバンドの友人が何故か持っていたんですよね。
それを聴かせてもらって、すっかり気に入ってしまったという訳です。
それがアウトローズ。手にしたアルバムはタイトルがそのままの、

Outlaws

Outlaws1975年発表のデビュー・アルバムですね。
購入したのは中古の輸入盤です。ちなみに邦題は「戦慄のアウトローズ」(凄い邦題)。

ギターがかなり気持ちいいです。ギターの音色はペキペキ系にサスティーンが効いた感じで、弾きまくってますね。
何たってトリプル・ギターです。

加えて特徴的なのが、ヴォーカルとコーラスが実に美しいこと。

サザン・ロックというにはかなり爽やかですかね。
そういう点では、オールマンのような土臭さやブルース・フィーリングを求めると肩すかしを食らうかもしれません。
レーナード・スキナードほど、ガツンともきません。

トリプル・ギターという事もあってか、同じサザン・ロックとしては、どちらかというとレーナード・スキナードに近いかもしれません。
(どちらかというと、ですがね)
フロリダ州出身というのも関係あるのかな(レーナード・スキナードもですよね)。
ただ、メンバーの事とかは良く分かっていません。情報が少ないんですよね。

曲調はカントリー色も相まって、ウェスト・コースト・ロックの香りが強く漂ってきます。
いきなり、イーグルスか?と思う程、爽やかなコーラスになったりしますから。

収録曲では、A面1曲目の「There Goes Another Love Song」からギターにコーラスにとご機嫌なサウンドを聴かせてくれます。スカッとしますよ。

B面1曲目の「Waterhole」なんかは、カントリー・フレイバーたっぷりのツウィン・ソロで聴かせるギター・インストで、短い曲ながら無茶苦茶楽しいです。

アルバム最後の「Green Grass & High Tides」は、曲の展開も弾きまくるギターもいかにもサザン・ロックという感じで、カッチョイイっす。

アルバム通して聴いていて実に気持ちよくて、ご機嫌なサウンドを聴かせてくれているのですが、そこから一歩抜きん出るものがなかったのでしょか、残念ながら日本では知名度が今いちのようです(本国ではどうかは知らないんですが…)。

私は今も気に入ってるんですが。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでThe Outlawsをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : アウトローズ Outlaws 戦慄のアウトローズ サザン・ロック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。