スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローリング・ストーンズのファースト

ストーンズは大好きですし、よく聴いていましたが、マニアではないので、それこそマニアックな事までは知りません。
その辺りは、これだけの偉大なバンドですから、書籍やらネット上でも詳しい事があちこちにあると思いますので、ここではいつものようにレコードを手にして、分かる範囲で感想等を、と思います。

さすがにストーンズの全アルバムを持っているわけではないので、今回は初期のアルバムで持っているものを引っ張り出してきて、数枚まとめてつぶやきたいと思います。

このブログでは初めて出てくる、ブライアン・ジョーンズ在籍時のストーンズですね。
まずはこれ。タイトルそのままの、

ザ・ローリング・ストーンズ
The Rolling Stones

ザ・ローリング・ストーンズ1964年発表のストーンズの記念すべきファースト・アルバムですね。
ですが、もちろんオリジナルではありません。国内再発盤です。

UK スタジオ・アルバムのオリジナル・ジャケットは右上のマークはもちろんDeccaですが、このジャケットの右上はロンドンレコードのマークです。
そして、それ以外の表記がまったくないという、シンプルで黒っぽいイメージを感じさせるものですね。

同タイトルで、収録曲がちょっと違うアメリカ盤がありますが、この国内盤はUK盤仕様のようですね。

ダーティ路線でデビューしたといっても、改めて聴くと、若々しく、瑞々しいですね。
サウンドは時代が時代ですし、まだまだ荒削りですが、ブルース、R&B、R&R等、黒人音楽に対するリスペクトが感じられ、愛情溢れる演奏ですね。
それに何と言っても勢いがあります。

この頃は、まだカバーがほとんどで、オリジナルは3曲でしょうか(たぶん)。
デビュー当時、メンバー5人による共作の時に使われていた、ナンカー・フェルジ (Nanker Phelge)名義の曲が1曲。
ナンカー・フェルジとフィル・スペクターの共作が1曲。
おなじみのジャガー/リチャーズ(当時はリチャードかな?)名義で「Tell Me」が入っています。
(ちなみにアルバム・プロデュースの際に使用するのが、グリマー・ツインズ(The Glimmer Twins)ですね)

この当時としては、もの凄いインパクトだったのでしょうね。
改めて聴いてみると、ブライアンのギターとかはもちろんカッコいいのですが、ミックの存在感が際立っていて、ヴォーカルが本当に素晴らしいです。
ちゃんと故イアン・スチュアートも数曲で参加してますね。

本国イギリスで、12週連続No.1だったそうですからやはり凄い。
ちなみにこの時のビートルズは「With The Beatles」だったそうです。

この時代から第一線で活躍しているんですから、本当にとてつもないですね。
間違いなく、ストーンズの第一歩がここに流れていました。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

※ちなみに右のCDはアメリカ盤仕様で、「England's Newest Hit Makers」のタイトルですね。
私が持っているUK盤仕様は、アメリカ盤1曲目の「ノット・フェイド・アウェイ」がなく、変わりに「モナ」がA面4曲目に収録されてます。UK盤1曲目は「ルート66」から始まります。
UK盤は再発されてないのかな?


◆iTunes StoreでThe Rolling Stones (UK) - ザ・ローリング・ストーンズをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。
このブログ内の関連記事

tag : ローリング・ストーンズ The Rolling Stones ファースト・アルバム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。