スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガット・ライヴ・イフ・ユー・ウォント・イット! (45回転)/ストーンズ

ストーンズの初期のアルバムで、持っているものをまとめてつぶやいています。
今回はその2枚目ですね。

これは、手にした経緯はさっぱり思い出せないのですが、内容も良く分かってないのに手を出したと思います。

ガット・ライヴ・イフ・ユー・ウォント・イット!
Got Live If You Want It!

ガット・ライヴ・イフ・ユー・ウォント・イット! (45回転)1965年発表のライブ・アルバムです。
といっても、同タイトルの1966年発表のアメリカ盤ライブ・アルバムではなく、これは45回転12インチ盤、いわゆる12インチシングル盤の方です。(この頃のストーンズはアルバム・タイトルとか、その内容とかが紛らわしいですね)

元々はイギリスでのみでリリースされたEP盤という事がどこかで書いてありましたが、EPというと7インチで33回転のものを言うのではなかったかな?
(日本では45回転7インチ盤の“シングルレコード”もEPと呼ぶことがありますね)
というとこれは復刻版なのかな?
良く分からないのですが、一応 Decca の輸入盤です。

ガット・ライヴ・イフ・ユー・ウォント・イット! (イメージ)珍しく収録曲を記しておきます。

〈Side One〉
We Want The Stones(観客がこのフレーズを叫んでいるのみです)
Everybody Needs Somebody To Love(サビのみですぐ次曲へ)
Pain In My Heart
Route 66
〈Side Two〉
I'm Moving On
I'm Alright   となっています。

とにかく、ライブの熱気が凄くて、演奏にも勢いがありカッコいいですね。
観客が熱狂している空気がびしばし伝わってきて、臨場感抜群です(録音はいじってないと思うんですが)。

一番気に入っているのは、「I'm Moving On」。
特にスライドがカッコいいです。ブライアン・ジョーンズですよね、最高です。
ミックは当然素晴らしいですが、結構、ビル・ワイマンのベースがぶいぶい鳴っていて効いてますね。

やはり、デビュー当時からライブは素晴らしかったんですよね。
その真骨頂を聴かせてくれる(ミニ)アルバムでした。


※いつものように、Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介しようと思ったのですが、見つけられませんでした。って、12インチシングル盤ですからね。

◆iTunes StoreでThe Rolling Stonesをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : ローリング・ストーンズ ガット・ライヴ・イフ・ユー・ウォント・イット! 12インチシングル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。