スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビッグ・ヒッツ/ローリング・ストーンズ

ストーンズの初期のアルバムで、持っているものをまとめてつぶやいています。
今回は3枚目ですね。

ビッグ・ヒッツさすがにストーンズの全アルバムに手をだす程お金の余裕はないので、過去のアルバムを聴きたいと思った時は悩みどころでした。
結局、初期の曲を聴きたいと思い、手を出したのがベスト・アルバムですね。

ビッグ・ヒッツ[ハイ・タイド・アンド・グリーン・グラス]
Big Hits [High Tide and Green Grass]

1966年発表ですが、これもまた、US盤とUK盤があるようですね。

ちなみに手に入れたのは、恐らく1981年にロンドンレコードから出された国内再発盤で、内容はUK盤仕様です。

ビッグ・ヒッツ表初期のストーンズのアルバムはややこしいですね。
同名タイトルでもUS盤とUK盤で発売時期がズレていて、収録曲もかなり違いがありますね。

このアルバムだと、US盤が3月でUK盤が11月で、その発表の間に「アフターマス」が発表されてるのかな?
とはいっても、「アフターマス」の内容もUS盤とUK盤とでは違うようですし。難しい…。

ジャケット写真も違っていて、UK盤はUS盤の表ジャケットを裏ジャケットに使用していますね。

ビッグ・ヒッツ裏右の写真の上が持っているUK盤の表で、下が裏ですね。
US盤のアルバムはさすがに持ってません。

収録曲は、基本的にはUKでシングルで発表されたものを集めたものですね。
元々、UK盤のアルバムにはシングル曲は収録されてなかったようで、それをまとめて聴く事のできるヒット曲集ですね、このアルバムは。

当然、「カム・オン」「サティスファクション」「タイム・イズ・オン・マイ・サイド」等々、初期の名曲目白押しです。
ジャガー/リチャードのオリジナル曲も多くなってますね。

やっぱりとにかくカッコいいですね。理屈抜きです。
個人的には、何と言っても「リトル・レッド・ルースター」がカッコいい!

ひとまず、初期の有名曲、代表曲は聴く事ができました。

それでも、現在進行形で聴きだしたのは「女たち」「エモーショナル・レスキュー」辺りからだったので、まだまだそれ以前の作品は数多くあったんですよね。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

紹介している右のCDはUS盤ですが、CDはUS盤のみしか出てないのかな?

◆iTunes StoreでBig Hits (High Tide and Green Grass) - ザ・ローリング・ストーンズをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : ローリング・ストーンズ ビッグ・ヒッツ(ハイ・タイド・アンド・グリーン・グ ベスト・アルバム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。