スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガット・ライヴ・イフ・ユー・ウォント・イット! /ストーンズ

ストーンズの初期のアルバムで、持っているものをまとめてつぶやいています。
今回は4枚目ですね。

ストーンズのアルバムを手にしようとした時に、やはりライブ盤は気になりますよね。
これは聴いておかないと、って思ってしまいます。

ガット・ライヴ・イフ・ユー・ウォント・イット!
Got Live If You Want It!

ガット・ライヴ・イフ・ユー・ウォント・イット!前出の45回転12インチシングルと同タイトルですが、こちらが一般的に知られているライブ・アルバムですね。

1966年発表の一応ストーンズの最初のライブ・アルバムですが、アメリカでのみで発売されたものですね。

手にしたのは、ロンドン・レコードとの契約が25年を迎えたキング・レコードが企画したシリーズで、1976年に発売されていますが、もちろん購入したのは後になってからです。
ちなみに1,500円です(笑)

アルバムの発表時期は「アフターマス」「ビッグ・ヒッツ」の後ですね。
「ビッグ・ヒッツ」に収録されている曲が多いので、それらをライブ・ヴァージョンで聴く事ができたという楽しさもありました。

この、ライブ・アルバムですが、ほとんどのヴォーカルを取り直し等でいじっているらしく、「恋をしすぎた」「フォーチュン・テラー」の2曲はスタジオ録音へ歓声をオーヴァーダブした、擬似ライブだそうですね。
確かに、違和感のある箇所が、かしこにあるにはありますね。

そのせいか、評判が悪かったりもするようですが、それでもストーンズのライブなんです。

熱狂の中の演奏自体はエネルギッシュでワイルドでスピード感があり、素晴らしいのではないでしょうか。
テンポも早くて、勢いありすぎて、走ってる走ってる(笑)

こういうものは、録音状態についてどうのこうのいうのは野暮ですね。
「アンダー・マイ・サム」から「サティスファクション」まで、生々しさ抜群の、この時代のストーンズのライブを純粋に楽しむのが一番かと思います。

正直言うと、同じタイトルでも12インチシングル盤のライブの方が好きなんですけどね。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでGot Live If You Want It! - ザ・ローリング・ストーンズをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : ローリング・ストーンズ ガット・ライヴ・イフ・ユー・ウォント・イット! Got Live If You Want It!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。