スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダーティ・ワーク/ローリング・ストーンズ

前回まで、ストーンズの初期のアルバムについて続けていましたが、その流れでストーンズをもう1枚。

ダーティ・ワーク」(Dirty Work

ダーティ・ワーク1986年発表。この時期ですと新譜で購入してます。
前作「アンダーカバー」(1983年)からは、ちょっと間が空いていますね。

写真のジャケットが赤いのは、外側を覆っている赤いビニールが今もそのままなんです。
ちなみにステッカー付でした。2枚程使ってます(笑)

ミックの初のソロアルバム「シーズ・ザ・ボス」(1985年)の後になるわけですが、それもあってかキースとミックの仲が相当悪くなっていたようですね。
それだけに、このアルバムに対する期待と不安というものがあったと記憶しています。

ダーティ・ワークimgフロント2人の対立とか、この時代のサウンドを意識した音作りとか、時期的には難しい時期だったようですね。

ただ、キースとロニーのギター・ワークは相変わらずご機嫌ですし、ロック・スピリット溢れる演奏は健在で、内輪のゴタゴタや周囲の評価は分かりませんが、ストーンズここにありと、改めて存在感を示していたと思います。

怒りとか緊張感とかはストーンズにとってはパワーに変わってしまうんではないでしょうかね。

「ハーレム・シャッフル」がシングルでヒットしていましたね。
MTVなんかでもよく流れていて、やっぱりカッコよかったです。

1曲目の「ワン・ヒット」のギターは…、ジミー・ペイジなんですね。ハードだと思いました。

「エモーショナル・レスキュー」あたりからでしょうか、時々キースのリード・ボーカルがアルバムの最後の曲になっていますが、その最後の曲の後に、イアン・スチュアートによる「キー・トゥ・ザ・ハイウェイ」(Key To The Highway)が流れてアルバムは終わってます。

「6人目のストーンズ」イアン・スチュアートが1985年12月12日に47歳で死去してるんですよね。
残念です。

当時としては、とにもかくにも、待ちに待っているストーンズのアルバムですからね。
細かい事より、ミックのヴォーカルとキースのギターを始めとするストーンズの演奏をただただ楽しむだけでしたね。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでDirty Work - ザ・ローリング・ストーンズをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : ローリング・ストーンズ ダーティ・ワーク Dirty Work

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。