スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラザーズ&シスターズ/オールマン・ブラザーズ・バンド

さて、サザン・ロックの代表格、オールマン・ブラザーズ・バンドです。
このブログで2枚目となるのが、

ブラザーズ&シスターズ
Brothers And Sisters

ブラザース&シスターズ1973年発表ですが、このアルバムは時期が重要ですね。

1972年の「Eat A Peach」(記事はこちら)の後に出されたアルバムですが、ちょっとその頃の状況をまとめておくと。

1971年10月29日にデュアンがオートバイ事故で24歳の若さで他界。
デュアンの死後、1972年にはキーボードにチャック・リーヴェルが加入したものの、1972年11月11日にはベリー・オークリーまでもオートバイ事故により亡くなってしまうという悲劇。
ベースのベリー・オークリーの後任にはラマー・ウィリアムズが加入。
そして発表されたのがこのアルバムですね。

前作「Eat A Peach」はレコーディング途中にデュアンが他界しているので、デュアンが参加している曲と不在のものとがありましたが、ベリー・オークリーの事故もこのアルバムの収録中に起こり、アルバムのクレジットには、2曲のみにベリー・オークリーの名前があります。

このような辛い状況を経ても、見事に作り上げたのが、この素晴らしいアルバムなんですよね。

サウンド的には、デュアンの頃のブルース・フィーリング溢れる、泥臭いスワンプ系の音とは変化していて、カントリーとポップ色が強い、どちらかというと軽快なサザン・ロックですね。
基本的にはディッキー・ベッツ色が強いのでしょうね。

対して、グレッグはヴォーカルで相変わらず渋い歌声を聴かせてくれてますが、全体的にはちょっと影響力は小さくなっているでしょうか。

デュアンの死後、ギタリストではなくキーボードのチャック・リーヴェルが加入した経緯はよく知らないですが、この人のピアノがかなりサウンドに効いています。

収録曲は名曲ばかりです。

ヒットしたA面2曲目の「ランブリン・マン」(Ramblin' Man)はカントリー色が強い曲で、ディッキー・ベッツとゲスト参加しているレス・デューディックのギターがいいですね。
レス・デューディックのギターは本当にカッコいいので、もっと注目されても良いですよね。

B面1曲目の「サウスバウンド」(Southbound)はノリの良い曲で、チャック・リーヴェルの軽快なピアノとディッキー・ベッツのギターが印象的です。

B面2曲目の「ジェシカ」(Jessica)も突き抜けたギターと転がるピアノが何とも心地よいインストで壮快ですね。大好きです。
曲の終盤で3連にリズムがおちて、またリズム・インしてくる辺りは本当にたまりません。

ディッキー・ベッツがドブロを弾くカントリー・ブルース的な曲「ポニー・ボーイ」(Pony Boy)でアルバムは締めくくられています(グレックは参加してないですね)。

確かに、デュアンの頃のようなブルース色は薄くなっていますが、このアルバムをそれと比較する事なく、以前の思い入れを外して聴けば、無茶苦茶ご機嫌なアルバムで、名盤ではないでしょうか。
(って、今さら私に言われなくても名盤ですかね)


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでBrothers and Sisters (Super Deluxe Edition) - オールマン・ブラザーズ・バンドをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : オールマン・ブラザース・バンド ブラザース&シスターズ ランブリン・マン ジェシカ Brothers And Sisters

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。