スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベッシー・スミスの肖像 1925-1933/ベッシー・スミス

クラシック・ブルースの女帝、ベッシー・スミスです。
ブルースに本格的にのめり込んでしまい、戦前ブルースを熱心に追いかけていた学生の頃に、どうしても聴いてみたくて探していた所で見つける事ができました。

ベッシー・スミスの肖像 1925-1933
A Portrait Of Bessie Smith 1925-1933

ベッシー・スミスの肖像いわゆる、カントリー・ブルース等の今言うブルースとは違い、1920年代からエンターテイメントとして人気のあった、女性歌手によるクラシック・ブルースの第一人者ですね。

その後の女性シンガーにも多大な影響を与えているようです。
ジャニス・ジョプリンも大きく影響を受けていたようですね。

サウンド的はジャズといってもいいですかね。バックのミュージシャンもジャズ畑の面々です。
それでも、あくまで黒人の魂を歌ったシンガーで、そこら辺がブルースなんでしょうね。
アルバムからは何とも哀愁漂う音が聴こえてきます。

A面は1925年録音のもので、たっぷりベッシー・スミスのブルースを堪能できます。
「セントルイス・ブルース」「イエロー・ドッグ・ブルース」「ケアレス・ラヴ・ブルース」等。

数曲で聴かれる、サッチモことルイ・アームストロングのコルネットは抜群に素晴らしいです。
ヴォーカルに見事に呼応している演奏は、その後のブルースのヴォーカルに対するギターやハープのようですね。

B面は1926年以降で、実は後期は世の中の好みが変わってきて人気も落ちてきてしまったそうです。
そのせいか、ブルースにとらわれない流行歌なども取り入れていたようですね。
「アレキサンダーズ・ラグタイム・バンド」「ノーボディ・ノウズ・ホエン・ユア・ダウン・アンド・アウト」等。

アルバム最後の「ギミー・ア・ピッグフット」にはベニー・グッドマンの名前もあります。
(って、そっち方面は勉強不足でほとんど知らないんですけどね)

声量があり感情豊かなそのヴォーカルは、今聴いても心に響いてきますね。
古き良き時代、なんていうレベルの音楽ではないです。奥が深すぎです。

当時ベッシー・スミスは、あまりにずば抜けた存在だったようですが、更には「ブルースの母」マ・レイニーがいるということもおさえておきたい所ですが、残念ながらマ・レイニーのアルバムは持ってないんですよね。

※いつものように、Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介しようと思ったのですが、見つけられませんでした。

◆iTunes StoreでBessie Smithをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : ベッシー・スミス クラシック・ブルース Bessie Smith セントルイス・ブルース

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。