スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hide Away/フレディ・キング

ブルース・マンの中では、比較的ブルース聴き始めの頃から熱心に聴いていたのがフレディ・キングです。
確かにこの人のギターはロックよりで、豪快に歌い上げるヴォーカルも含めて、とっつきやすかったかもしれませんね。

元々クラプトンとの関係で注目していたのですが、次に手にした、このブログでフレディ・キング3枚目の登場となるアルバムが、

Hide Away

Hide Away2枚組の輸入盤なんですが、このアルバムの詳細は全く分からないです。
元々は1976年発売で1988年に再発されたと思われる企画物でしょうが、ジャケットも他で見た事がなく、このアルバムについて記載されている物も見当たりませんでした。

内容はと言うと、初期のキング/フェデラル時代からの選曲で、全21曲収録されています。
初期の有名なインストから歌入りまで、ひと通りたっぷりと聴く事ができて、ちょっと嬉しかったのを思い出します。

前回このブログで登場した「Freddy King Sings」はタイトル通りヴォーカル入りの曲でしたから、初期に人気のあったこの人のインストも聴いてみたかったんですよね。
クラプトンのカバーで有名な「Hide Away」なんかは特にですね。

その「Hide Away」の他、インストは「The Stumble」「Remington Ride」「Sen-Sa-Shun」等々、代表的とされている曲が収録されており、当然ですが、弾きまくっているギターをより堪能できますね。

「I'm Tore Down」や「Have You Ever Loved A Woman」「See See Baby」等の代表曲もちゃんと楽しむ事ができます。
(実はここら辺の曲はアルバム「Freddy King Sings」にも収録されているんですけどね)

出身はテキサスで、その後シカゴへと移住してから活動を始めているようで、マジック・サムとの交流が深かったようですね。
B.B.キングをはじめとするモダン・ブルースの次なる世代を担ったブルース・マンですね。

ブルースとしては深みがないという人もいるかもしれませんが、ロックよりのブルース・ギターを求めている人には、これほど素晴らしい見本となるミュージシャンはいないのではないでしょうか。

もちろん、私もこの壮快に弾き放つアタックの効いたギターは大好きです。


※いつものように、Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介しようと思ったのですが、見つけられませんでした。
◆Amazonでフレディ・キングをチェックする。

◆iTunes StoreでFreddie Kingをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : フレディ・キング Hide Away

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。