スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルバム「ラスト・ワルツ」/ザ・バンド

リバイバルで上映されていたザ・バンドの映画「ラストワルツ」を観たのは高校生の時でした。懐かしいです(リバイバルですからリアルタイムではありません。残念ながら)。

その時の衝撃は今でも忘れません。
(そこら辺の話は以前このブログでも書きましたので、よろしかったらこちらをどうぞ)

その時は既にアルバムが出ていたのですが、さすがに3枚組は高価ですぐには買えませんでした。
で、それから何年経ったでしょうか、やっと手にする事ができました。

ラスト・ワルツ」(The Last Waltz

ラスト・ワルツ1978年発表。説明不要でしょうが、一応基本情報を記しておくと、

1976年11月25日にサンフランシスコのウインター・ランドで行われた、ライブ活動の最後を告げる、実質的な解散コンサートを収録した3枚組のアルバムですね。映画のサントラ盤でもあります。

まあ、解散についてはかなりロビー・ロバートソンの勝手な所があったようですが。

アルバムに針を落とし、「ラスト・ワルツのテーマ」の冒頭の低音が聴こえてくると、ジ~ンとしてきます。
ザ・バンドの曲の他、豪華なゲスト陣がザ・バンドをバックに歌い、一緒に演奏する曲はどれも素晴らしく印象的です。

アルバムの収録順は実際のライブの順番とは違うようですが、そこら辺は、今であれば容易に手に入る映像ソフトを観ればよい事ですが、当時はそんなことより、とにかく聴いていると、その映像が蘇ってきて、頭に焼き付けたライブの模様を思い出しながら聴くといった感じで、それだけで感激再びでしたね。

今でこそ、見ようと思えば映像はすぐ見られますが、昔はそうもいきませんでしたからね。

加えて、ちょっと嬉しかったのが、“ラスト・ワルツ組曲”とタイトルがついている3枚目のB面。

ロビー・ロバートソンによる新作も入っていて、ロビー・ロバートソンがヴォーカルをとる「ブルースから逃れて」やエミルー・ハリスの「イヴァンジェリン」、ザ・ステイプル・シンガーズによる「ザ・ウェイト」等が収録されてます。

そして、アルバムは再び「ラスト・ワルツのテーマ」(with Orchestra)で終わりを告げる。
今聴いても、美しい曲ですね。思い出深いです。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。
◆Amazonでザ・バンドをチェックする。

◆iTunes StoreでThe Last Waltz - ザ・バンドをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : ザ・バンド ラスト・ワルツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。