スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミラーズ/ジョン・ハモンド

前回の「三頭政治」(記事はこちら)で名前を知った、ジョン・ポール・ハモンドです。
その後もほとんど目にする事はなかったのですが、たまたまアルバムを見つけて手にしました、

ミラーズ」(Mirrors

ミラーズ元は1967年発表ですが、国内再発盤(1978年)の中古を入手しました。
情報があまりなかったのですが、幸いにもライナー・ノーツが入っていたので、以下はそのライナー・ノーツを参考にしています。

ジョン・ハモンドは1942年11月13日、ニューヨーク生まれのホワイト・ブルース・シンガーですね。
彼の父は、ややこしい事に同じ名前なんですが、父の方がプロデューサーとしてアメリカ音楽界に大きな功績を残していて有名でしょうか(ディランを世に出したプロデューサーとしても有名です)。
ですから、こちらの息子の方は、本名のジョン・ポール・ハモンドと言った方がいいですね。

今回のアルバムは5枚目とのことで、1967年で5枚目とは、結構昔から活動してます。

で、このアルバムの収録曲は、これ以前に発表されていたアルバムそれぞれの未収録曲を集めたもののようで、A面はバンドスタイルでB面はアコースティックの弾き語りブルースと分かれています。

何と言っても、大注目でビックリしたのがA面1曲目と6曲目の参加メンバーです。

ザ・バンドのメンバーのうち、ロビー・ロバートソン、リヴォン・ヘルム、ガース・ハドソン(クレジット名はエリック・ハドソン)が参加しています。
さらに、何故かピアノでマイク・ブルームフィールド。ベースにジミー・ルイス、ハープにチャールズ・マッセルホワイトの名前もあります。

時期を見ると、ザ・バンドと名乗る前ですからね。ここら辺で繋がりがあったのですね。
若き頃のロビー・ロバートソンのストレートなギターが嬉しいです。

B面は弾き語りのカントリー・ブルースのスタイルを聴くことができます。。

収録曲は主な所で、「They Call It Stormy Monday」「Keys To The Highway」「Walking Blues」等、ロバート・ジョンソンらの古いブルースのカバーが多く収録されています。

未収録の曲を集めたということもあってか、全体的にはインパクトに欠ける印象は否めませんが、こういう、ブルースにどっぷりのホワイト・ブルース・シンガーがいたんですね。勉強不足でした。

残念ながら、所有するアルバムはこの1枚のみです。
3枚目のアルバム「So Many Roads」が前述のザ・バンドらのメンバーで収録されているそうです。聴いてみたい…。

※いつものように、Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介しようと思ったのですが、見つけられませんでした。
というか、CD化に際して、以前のアルバムにボーナストラックとして追加されているようです。


◆iTunes StoreでJohn Hammondをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ

このブログ内の関連記事

tag : ジョン・ポール・ハモンド ミラーズ John Hammond

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。