スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライヴ/ジョニー・ウインター・アンド

でました「100万ドルのギタリスト」(懐かしい!)。
白人ブルース・ギタリストでこの人が登場しないと! ですね。
テキサス出身のジョニー・ウィンターで、手にしたアルバムは、

ライヴ」(Live Johnny Winter And

ライヴ/ジョニー・ウインター・アンド1971年発表。輸入盤を手にしました。
リック・デリンジャーが参加している「ジョニー・ウインター・アンド」としてのライブアルバムですね。

説明不要のジョニー・ウインターです。
1曲目の「Good Morning Little Schoolgirl」から最後の「Johnny B. Goode」まで、もの凄い熱気とパワーで、まさに弾きまくってますね。
この人のヴォーカルもカッコいいんですよね。
リック・デリンジャーも時に絡みながら時にソロと、鋭いギターを聴かせてくれています。

最初は、もっとブルース色が出ているのかと思っていたのですが、特に「ジョニー・ウインター・アンド」ではロック色の強いようで、このアルバムもストレートなブルース・ナンバーではなく、ハードなロックンロールがアルバムを占めています。

ただ、ライブの臨場感もあって、スピード感溢れるギターが炸裂していて最高にスリリングです。

ジョニー・ウインターはよく聴いたと思っていたのですが、アルバムとはあまり縁がなかったんですよね。
唯一持っているアナログ・レコードが、これなんですよね。ちょっと残念。

後に、自身のレーベルでプロデューサーとしてマディ・ウォーターズのアルバムを手がけて、マディから「息子」と呼ばれていたあたりは、ブルースへの“愛”を感じますね。

ところで!
今だ来日が実現していなかった、ジョニー・ウィンターの初来日ライブが、なんと昨日まで(2011年4月13~15日)の3日間、Zepp Tokyoでありましたね!
どうだったのかな~、ファイアーバード持って、スライド弾いたのかな~。
いいな~、観たかったな~。
こちらは北海道ですからね~(泣)


《2014年8月31日追記》
ジョニー・ウィンターは、2014年7月16日に死去しました、享年70歳でした。
2014年4月には、3度目来日公演を行うなど、精力的に活動していたので、残念です。
(参考:ブルース・ギターの名手・ジョニー・ウィンター(Johnny Winter)死去のニュース。享年70歳 | ローカルブロガーのメモ帳

※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。
◆iTunes StoreでLive Johnny Winter And - ジョニー・ウィンターをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : ジョニー・ウインター・アンド ライヴ リック・デリンジャー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。