スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェスティバル/サンタナ

ギター少年時代には気になるギタリストの一人でしたね、カルロス・サンタナ
で、バンドのサンタナが大ヒットアルバム「アミーゴ」の次に出した、真っ赤なバラをあしらったジャケットが印象的な、

フェスティバル」(Festival

フェスティバル1976発表ですね。国内盤の中古を手に入れました。

元々バンドのメンバーの入れ替わりがかなり激しいようですが、コアなファンはきっと、デビュー時のパーカッショニスト、チェピート・アリアスがこのアルバムで復帰しているのを喜ばしいニュースとして楽しみにしたのでしょうね。

ただ、私は残念ながらそこまでは追いきれていません。
正直言いますと、やはり、カルロス・サンタナのギター中心に聴いてしまってます。

アルバムは、ホイッスルが高らかに鳴り響いて始まる「Carnaval」からメドレーとなっているアルバム冒頭の3曲が、ラテン・パーカッションが躍動し、カルロス・サンタナのギターも白熱して、聴きごたえありますね。

「哀愁のヨーロッパ」の続編のようなB面1曲目の「哀愁のボレロ」(Revelations)は、ベタではありますが、泣きのギターがやっぱりいいですね。日本人が好きそうですもんね。

アルバム最後の「情熱のマリア」(Maria Caracoles)はホーンも入り、陽気なラテン・サウンドを聴かせてくれてアルバムを締めくくっています。

それにしても、ヴォーカル入りの曲があまりにもメローで、他の情熱的なラテン・ロック・サウンドとかけ離れているのがちょっと気になる所ではあります。
更に、ダンサンブルなファンキー系の曲ありと、ちょっと散漫な感じもしてしまいます。

心躍るラテン・ロックを求めてしまうのは、こちらのサンタナに対するイメージが固まりすぎているかもしれないんですがね。
ただ、こればかりはどうしてもそうなってしまいます。

かなり余談になりますが、B面2曲目あたりは曲といいギターといい、ほとんど高中正義の基本形ですね(笑)
もちろん、言うまでもなくこちらが元ですが。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでFestival - サンタナをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : サンタナ フェスティバル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。