スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

縁がなかったジミヘン〜バンド・オブ・ジプシーズ/ジミ・ヘンドリックス

前回書いたクラプトンの2枚組を購入した時の「ERIC CRAPTON オリジナル名盤」というシリーズ(記事はこちら)と同時に、「JIMI HENDRIX オリジナル名盤」シリーズも出ていました。

ジミヘンも当時高校生のギター少年には避けては通れなかったですね。

ということで、ジミ・ヘンドリックスといえば、「エレクトリック・レディランド」や「ワイト島のジミ・ヘンドリックス」等が名盤として知られていますが、実はこの頃、既にこれらはカセットテープで持っていて、それじゃあ、まだ聴いた事のないアルバムを、ということで買ったのが、

バンド・オブ・ジプシーズ

バンド・オブ・ジプシーズこのアルバムは元々1970年発売で、エクスペリアンスの次に結成した同名のバンドの唯一のアルバムでフィルモア・イーストでのライブ盤です。

ちなみに、この「JIMI HENDRIX オリジナル名盤」シリーズで買った「バンド・オブ・ジプシーズ」のジャケットは英国盤オリジナル・ジャケットと帯に書かれており、普通のジャケットと違うんですよね。

A面は2曲のみでライブの緊迫感はあるものの、ちょっと冗長な感は否めないかな。B面はテンポの良い曲が揃い楽しめます。

アルバムとしては十分ジミヘンの音楽を楽しめるのですが、個人的にはやはり前出のアルバムの方が聴きごたえがあるように感じているのですが、私が持っているジミヘンのレコードはこれのみ。

なんとも、ジミヘンには縁がなく、その後何度となく手が伸びたのですが、結局買わずじまい。
それほど好きではないのでは?と言われれば、返す言葉はないものの、唯一無二の伝説のギタリストですからそんなことはないんですが…。

映像やら何やらでその後結構、目に、耳に入ってくるうちに、随分聴いている気になってしまうんですよね。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでBand of Gypsys - ジミ・ヘンドリックスをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ

tag : ジミ・ヘンドリックス バンド・オブ・ジプシーズ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。