スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エリック・クラプトンの初のソロ「Eric Clapton」

ロックを聴きだした頃から真っ先に熱心に聴いていたクラプトンですが、そうそうレコードを買うことができなかった少年の頃は、カセット・テープにできる限り様々なアルバムを録音して聴いたものです。

ただ、そうすると反対に、いざレコードを購入するという時に、なかなかクラプトンのアルバムに手が出ないんですよね。
後回しになるといった感じなんです。

これも、そんな訳で、結構後になってから手に入れました。クラプトンの、

Eric Clapton

Eric Clapton1970年8月発表の初のソロ・アルバムですね。

中古の国内盤を手にしました。
余談ですが、この中古盤にはライナー・ノーツが何故か2枚入ってます???

時期的にはブラインド・フェイス解散(1969年)後で、デレク・アンド・ザ・ドミノスの名作「レイラ」(1970年)の前ですかね。

そのブラインド・フェイス解散後の1969年末にデラニー&ボニーのツアーに参加して、その音楽性に相当の刺激を受けたというのは有名ですよね。
(この時のライブのアルバムが「On Tour/Delaney & Bonnie &Friends with Eric Clapton」)
そして、このアルバムではデラニー・ブラムレットをプロデューサーに起用して、そのサウンドにも大きく反映されています。

参加メンバーも、デラニー&ボニーのツアーの時のメンバーが中心で、レオン・ラッセルらの名前があります。
曲もデラニー・ブラムレットとクラプトンの共作が多いですね。

そのサウンドは、スワンプ・ロック系で、南部の香りプンプンで、加えて非常にリラックスしていて楽しそうに演奏しているのが伝わってきます。

いい曲が揃ってます。
「ブルース・パワー」(Blues Power)、「レッド・ワイン」(Bottle of Red Wine)、「家から遠く」(Lonesome and a Long Way from Home)等々、結局どれも好きですね。

J.J.ケイルの「アフター・ミッドナイト」(After Midnight)もこのアルバムで取り上げられています。かなりアップテンポなのに驚きましたが、いいですね。

もちろん初のソロ・アルバムですからヴォーカルもとってますが、既に充分枯れてて甘くていい感じです。

決してギター・アルバムではなく、この頃のクラプトンが、こういう音楽をやりたかったんだ~、というのが伝わってきます。
ただ、「レット・イット・レイン」(Let It Rain)の最後のギターはやはり最高ですね。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでEric Clapton - エリック・クラプトンをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : エリック・クラプトン 初のソロ Eric Clapton アフター・ミッドナイト レット・イット・レイン

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。