スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Okie/J.J.ケイル

極渋のいぶし銀ミュージシャン、J.J.ケイルです。今回は、

オーキー」(Okie

オーキー1974年にシェルターから出された3rdアルバムですね。

購入したのは、1979年の国内再発盤の更に中古です。
「リオン・ラッセルと彼をとりまくサムライたち」という凄い名前のシリーズで出されたうちの1枚です。
レオンでなくリオンと表記されてますね。

まぁ、相変わらず情報が少なく、詳しい事は知らないんですが、この“Okie”というタイトルについてはライナー・ノーツにも触れられていて、そもそもの意味はオクラホマ州の人のことを示すらしいのですが、あまり良い使い方をされる言葉ではなく、同時に不況の時代(特に大恐慌時)のオクラホマ州出身の移動農業労働者のことも指しているそうです。

本人がオクラホマ出身なので、一時はカリフォルニアで活動していたりしたものの、結局、オクラホマ州タルサに戻ってきた自身のことを、自ら皮肉っているところもあるのでしょうかね。

アルバムの内容ですが、相変わらず、渋く、土臭く、男の哀愁を漂わせるつぶやくようなヴォーカルですが、はっきり言って、地味すぎです(笑)
別にこの人に派手さを求めるつもりは毛頭ないですが、このアルバムは特にですね。

「ケイジャン・ムーン」(Cajun Moon)や「アイ・ゴット・ザ・セイム・オールド・ブルース」(I Got The Same Old Blues)等は、味わい深いJ.J.ケイル節を楽しめますが、全体として楽曲としての印象がちょっと薄いでしょうかね。

その原因にもなっているかもしれませんが、どの曲も短い…。
ほとんどが2~3分で、まるで途中でフェイド・アウトしてしまっているような曲もあるんですよね。

つぶやくヴォーカルに派手さの全くないギターとそのサウンドは、いくら渋いとかいぶし銀と言えども、退屈だったりどれも同じように聴こえてしまったりと、人によってはいまいちと思うだろう事はやむを得ないかもしれないですね。

ただ、私は淡々としたこの世界に引き込まれてしまって、抜け出せません(笑)


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでOkie - J.J.ケイルをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。
このブログ内の関連記事

tag : J.J.ケイル オーキー J.J.Cale Okie

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。