スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モージョ・ハンド/ライトニン・ホプキンス

このジャケットをレコード店で見つけたときは鳥肌ものでした。
ブルースを追いかけていれば、嫌でも目に焼き付いてしまうジャケットですよね。

グレート・テキサス・ブルースマン、ライトニン・ホプキンスの、

モージョ・ハンド」(Mojo Hand

モージョ・ハンド元は1960年録音の名盤中の名盤ですね。
手にしたのは、この有名なジャケットのファイア盤をPヴァインが国内で1983年に再発したものです。

この再発盤発売のニュースは、当時はファンの間でビッグ・ニュースとして大歓迎されたようです。
当時の私は、それがどれだけ待ちに待ったことなのかは良く分かってはいなかったのですが、おかげでブルースを聴きだして間もないのにすぐに手にすることができたのはラッキーでしたね。

それにしてもこのジャケットは強烈ですね。
そして、このジャケットに負けず劣らず、迫力の内容です。

レコーディングはニューヨークで行われ、基本的には、ベースとドラムをバックにアコースティック・ギターを弾くバンド・スタイルです。

1曲目の「Mojo Hand」からダーティなヴォーカルにかき鳴らすアコースティック・ギターにと、ライトニン節が炸裂していますね。
途中の「ヘッヘッヘッ」という、にやけた笑い声が最高ですね(笑)

B面1曲目の「Glory Bee」なんかもスローなブルースが生々しいです。

A面4曲目の「Black Mare Trot」のような、軽快なギターを聴かせるインストなんかも面白いですね。

結局、どの曲もライトニン節を堪能できて、文句無しです。
それにしても、歌はもちろんですが、本当にギターが鋭く力強くカッコいいですよね。

1946年のレコード・デビューから人気も確固たるものとなっていたのにも関わらず、1950年代中頃から一旦、このようなスタイルのブルース需要の減少から録音の機会がなくなるという憂き目にもあっていたようです。
ただ、1959年にサム・チャーターズによって、いわゆる“再発見”されてからの活躍は、このアルバムを含めてこれまた凄いものですよね。

いやぁ、それにしてもこのアルバムは、ライトニン・ホプキンスのディープな世界が詰まった、聴きごたえのあるアルバムです。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでMojo Hand - The Complete Session - Lightnin Hopkinsをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : ライトニン・ホプキンス モージョ・ハンド Mojo Hand

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。