スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハウンド・ドッグ・テイラーのデビュー・アルバム「Hound Dog Taylor and the Houserockers」

荒々しく、とことんダーティなスライドを豪快に弾き放つ、エルモア・ジェイムスもビックリのハウンド・ドッグ・テイラーです。
このブログ2枚目となるのが、ハウンド・ドッグ・テイラー&ザ・ハウスロッカーズの、

Hound Dog Taylor and the Houserockers

Hound Dog Taylor and the Houserockers1971年発表のデビュー・アルバムですね。
もちろん、この人のためにできたという、アリゲーター・レーベルからのリリースです。
中古の輸入盤(イギリスの再発盤)を手にしました。

何とも特徴的な2人のギターにドラムスという変則トリオ編成で、ハードなブギをガンガンやってます。
基本的にはセカンド・ギターのブリュワー・フィリップスがベース・ラインも弾いてます。

収録曲では、A面1曲目のハードに突き進むワンコード・ブギの「She's Gone」。
B面1曲目の、エルモアの曲だけど、よりワイルドな「Wild About You Baby」等々、聴きごたえ充分。
「It Hurts Me Too」(B面3曲目)なんかもこの人のスタイルでやってます。なので渋くはないです(笑)

中でもB面5曲目の「Give Me Back My Wig」は2人のギターの絡みもスリリングで、ドラムも激しく、スピード感があって、このバンドの真骨頂ではないでしょうかね。

また、この人のシャウト気味のヴォーカルがサウンドに抜群にあってるんですよね。

リード・ギターがスライドではない曲が2曲あり、これはブリュワー・フィリップスのギターのようなのですが、これまた攻撃的で荒々しいです。

ハウンド・ドッグ・テイラーのスライドは、不協和音のようだと、よく言われますが、全くその通りです(笑)
ただ、それがどうすればこんなに強烈にカッコ良くなるのだろうか…。

この人のスライドは一度聴いたらやみ付です。

生前に残されたスタジオ録音は前回ブログで登場した「Natural Boogie」とこのアルバムの2枚のみのようですね。
ライブ盤リリース前の1975年に他界してます。

※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。


◆iTunes StoreでHound Dog Taylor and The HouseRockers - Hound Dog Taylor & The HouseRockersをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。
このブログ内の関連記事

tag : ハウンド・ドッグ・テイラー&ザ・ハウスロッカーズ Hound Dog Taylor

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。