スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャグ・バンドのオムニバス「More Of That Jug Band Sound 1927-1939」

以前登場したオムニバス・アルバムの「THE STORY OF THE BLUES」や「The Country Blues」でも取り上げられていたジャグ・バンド

あまり詳しくは分からないのですが、デルタ・ブルース等の私的でディープな世界と違い、エンターテイメント性が高く大道芸やダンス音楽としてのジャグ・バンドは、戦前のひとつのスタイルとして興味深いですよね。

戦前ブルースを追いかけていた頃、レコード店でオムニバス盤を見つけて飛びつきました。

More Of That Jug Band Sound 1927-1939

More Of That Jug Band Sound 1927-1939「ジャグ」はウイスキーなどを貯蔵するための瓶というか水差しというかで、それに息を吹き込み「ブゥ、ブゥ」という低音をならして楽器として使うもので、20世紀初頭のその奏者を加えたバンド形式をジャグ・バンドと言います。

ただ、必ずしもジャグ奏者がいなくても、音楽的なスタイルでジャグ・バンドと言われるようで、確かにこのアルバムの中にもジャグ無しの曲がありますね。

残念ながら、個々のバンドのことは詳しくは分からないのですが、
「Memphis Jug Band」「Jed Davenport And His Beale St. Jug Band」「Jack Kelly」「Cannon's Jug Stompers」等のバンドの曲が収録されています。

ブルース色の強い曲から賑やかなサウンドまで、歌入りでギター伴奏はもちろん、バンジョー、ハープ、ヴァイオリン、ウォッシュボード、カズー等々、楽器もとにかく様々ですね。

ただ、やっぱり器用に奏でられるジャグの「ブゥ、ブゥ」という低音が入ってくると、独特の楽しいサウンドになります。

Moreというくらいですから、このアルバムは続編で、その前があるのですがそちらは持っていません。
(というか目にしたこともないですが)

ジャグ・バンドはなかなか楽しく、当時の、ブルースとは違った大衆的な賑わいを感じられていいですね。
ただ、これはこれで、ひとつのジャンルとしては奥が深くて、なかなか追いかけきれなかったのが、正直なところです。

※いつものように、Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介しようと思ったのですが、見つけられませんでした。

にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : ジャグ・バンド Jug Band More Of That Sound 1927-1939

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。