スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デルタ・ブルースのオムニバス「Delta Blues - Vol.1(1929-1930)」

戦前ブルースといえば、まずはデルタ・ブルースを聴きたいところなんですが、昔はアルバム以外で曲を聴く機会はまずなかったですし、そもそも、戦前ブルースのアルバムを見つけること自体がかなり困難でした。

なので、オムニバス盤は様々なブルースマンを聴くことが出来るのでうれしいんですよね。
もちろん、個々のアルバムを聴きたいのは山々ですが…。

で、このアルバムには何と言ってもチャーリー・パットンサン・ハウスの名前があります。

Delta Blues - Vol.1(1929-1930)
(Document DLP 532)

Delta Blues - Vol.1(1929-1930)パラマウントの1929年~1930年の録音を収録したものですかね。

デルタ・ブルースの創始者と呼ばれるチャーリー・パットンが「Elder Greene Blues」等3曲(1曲のみヴァイオリン入り)(1929年)。
低く太く力強いヴォーカルに、これまた力強くしっかりとリズムを刻むギターが説得力があってやっぱり強烈ですね。
ただ、ディープではあるけど、農場で皆に向けて歌われていたであろう、大衆的な香りもしてきます。

女性ブルース・ヴォーカル&ピアニストのルイーズ・ジョンソンが5曲(1曲はテイク違いが収録)(1930年)
ブギーのリズムも時折聴かれる、骨太ながらも比較的リズミカルなピアノ・ブルースですね。

サン・ハウスは1930年の録音の「Walkin' Blues」1曲のみですが、スライドとウィリー・ブラウンのギターでこれぞデルタ・ブルースといった深みのある歌と演奏を聴かせてくれます。

そして、ジャクスン・ブルースを代表する2人。

トミー・ジョンソンが「Morning Prayer」等3曲収録(1929年)。
太くよく伸びる声とそのギターはゆったりとした素朴な雰囲気が漂います。
1曲はニューオーリンズ・ニハイ・ボーイズとの演奏でクラリネットとピアノが加わってます。

イシュマン・ブレイシーが「Woman Woman Blues」の1曲のみ(1929年)。
トミー・ジョンソンとは違ったダミ声で、時々ファルセットを用いた歌は味があります。
流れている空気感はトミー・ジョンソンと同様、素朴な感じでいいですね。

ジャクスン・ブルースはなんだかおおらかな感じがします。
チャーリー・パットンらのディープで強烈なブルースとはまた違った魅力がありますね。

デルタ・ブルースといっても様々ですが、このようなオムニバス盤は、戦前デルタ・ブルースの世界を広めるのに非常に助かります。

Vol.1というくらいですから、Vol.2とかもあるんでしょうが、それは知らないんです。

※いつものように、Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介しようと思ったのですが、見つけられませんでした。

にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : デルタ・ブルース チャーリー・パットン サン・ハウス トミー・ジョンソン イシュマン・ブレイシー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。