スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Immortal Charlie Patton Number1/チャーリー・パットン

これまで登場したオムニバス盤にも収録されていた、というか戦前ブルース、特にデルタ・ブルースを聴いていく上では外すことの出来ない、デルタ・ブルースの巨人、創始者とも呼ばれる、チャーリー・パットンの単独アルバムを手にすることができました。

The Immortal Charlie Patton Number1(1929-1932)
(Origin Jazz Library OJL-1)

The Immortal Charlie Patton  Number1(1929-1932)※普通は「Charley」と表記されるところ、このアルバムは「Charlie」となってますね。

収録曲については省きますが、前回のデルタ・ブルースのオムニバス盤「Delta Blues - Vol.1 (1929-1930)」での3曲中、「Elder Green Blues」「Some These Days I'll Be Gone」の2曲がここでも収録されています(テイクまではわかりませんが)。

アルバム中3曲ではフィドルの相棒ヘンリー・シムズが参加していますが、それ以外は弾き語りですね。

この人は何と言っても、ダミ声ともいえる、図太く、シャウト気味にもなる力強いヴォーカルが説得力があり圧巻ですね。貫禄です。

ジャケットで使われているお馴染みの写真を見ていて、正直、この声はイメージできてなくて、初めて聴いたときは、あまりの迫力に違和感があったくらいです(笑)

そしてそのヴォーカルを見事にサポートする、ギターのテクニッックも素晴らしいですね。
時に叩き付けるように強烈にビートを刻み、時に絶妙に歌に追随する高音部やスライド。
これもたまりませんね。

とはいっても、ディープで重厚な迫力あるブルースばかりではなく、彼がいた、かのドッケリー農場での労働の後、まさに皆が集まって、飲んだり踊ったりしている時に演奏したであろう、プリ・ブルースと呼ばれるような黒人大衆音楽的な曲も聴く事ができます。

その影響力から、全てがここから始まったとも言われるチャーリー・パットン。
ほんとに不滅のチャーリー・パットンですね。
当時のミシシッピのデルタ一帯は、このようなブルースがあちこちで一般的に演奏されていたんでしょうね。

そんな思いも含めて、パチパチとしたノイズの向こうから戦前の濃~いデルタのブルースが流れてくるのには感激してしまいますね。

このアルバムも「Number1」ということで、「2」もあるのでしょうが、残念ながらそれは知らないんです。
ていうか、CDでは「ザ・コンプリート・レコーディングス」とかもあるんですよね…。

※いつものように、Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介しようと思ったのですが、見つけられませんでした。
◆AmazonでCharley Pattonをチェックする。

◆iTunes StoreでCharley Pattonをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : チャーリー・パットン The Immortal Charlie Patton Number1 デルタ・ブルースの創始者

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。