スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Legendary Reverend Gary Davis/レヴァランド・ゲイリー・デイヴィス

このアルバムを手にしたのは高校生の時だったと思うのですが、やっぱりこの人のことはほとんど知りませんでした。
ただ、レコード店でサングラスをかけた厳ついこの人のジャケット写真とそのジャケットにある“BLUES and GOSPEL”の文字を見て手が出ました。

レヴァランド・ゲイリー・デイヴィス
ブラインド・ゲイリー・デイヴィスとも呼ばれますね。手にしたアルバムは、

The Legendary Reverend Gary Davis 1971

The Legendary Reverend Gary Davis 1971ただ、裏ジャケットのタイトルは、「Reverend Gary Davis Volume 2 - 1971/Lord I Wish I Could See」となってます。

また、Vol.2 ですが、Vol.1があるんでしょうね。知らないんですが…。
1971年の録音です。1972年に他界しているので、直前の録音なんですよね。

牧師でもあるようで、聖職者の尊称“Reverend”を名前の前につけていて、実際にも宗教的な演奏を多くしていたようです。

戦前は南北のカロライナ州で活動していて、そこでわずかに作品を残してるようで、既にかなりの影響力があったようですが、一般的に名が知れ渡ったのは40年代にニューヨークに移ってから、辻説教師というのでしょうか、あちこちの路上で演奏活動をしてからのようですね。
叩き上げのミュージシャンといったところですね。

アコースティック・ギターの名手とも言われ、必ずしもブルースのスタイルだけではなく、ラグタイム、フォーク、スピリチュアル、ゴスペルなどの要素が感じられる演奏です。

収録曲にはインストもありますし、このアルバムでは12弦ギターも使用しています。
よく通る堂々たる歌声も魅力です。

この時、たぶん70歳代半ばでしょうから素晴らしいですね。
何とも巧みで味のある歌とギターを弾き語りで聴かせてくれています。

アルバム最後の曲「I'll Do My Last Singing」はミディアム・スローの何とも心に染みてくる歌とギターで、(歌詞の内容は分かりませんけど)良い曲です。
ライ・クーダーの奏でそうな、味わい深い曲でもありますね(歌声は全然違いますが)。
そう言えば、ボブ・ディランも影響を受けているようです。

ただ、この人の名前はその後はあまり目にしなかったんですよね。
日本での一般的な知名度は今ひとつなのでしょうか。

※いつものように、Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介しようと思ったのですが、見つけられませんでした。

◆iTunes StoreでReverend Gary Davisをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : レヴァランド・ゲイリー・デイヴィス ブラインド・ゲイリー・デイヴィス The Legendary Reverend Gary Davis 1971

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。