スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファンタスティック・マック/フリートウッド・マック

フリートウッド・マックと言えば、メンバー・チェンジと共に音楽性を大きく変えているので、その時期によって随分と内容が違いますよね。

ブリティッシュ・ブルース・ロック・バンドとして、ピーター・グリーンが率いた頃が好きな方々も多いでしょうが、フリートウッド・マックを初めて聴いたのは、ポップ路線となってからでした。まずは、

ファンタスティック・マック

ファンタスティック・マック原題は「Fleetwood Mac」とバンド名そのままですね。1975年発表。

バンドのメンバーにリンジー・バッキンガムとスティーヴィー・ニックスが加入して、ポップな音楽性を前面に打ち出して大成功を収めるきっかけになったアルバムですね。というか大成功したアルバムですね。

初めはいつものごとく、カセット・テープで聴いていたので、アルバム自体を手にしたのは随分と後になってからですが、よく聴きました。

クリスティン・マクヴィーの優しいヴォーカル。
歌姫スティーヴィー・ニックスのハスキーで個性的なヴォーカル。
リンジー・バッキンガムのスタイリッシュなギターとハリがあって艶のあるヴォーカル。

3人のソングライティングとヴォーカルそれぞれが特徴あって素晴らしく、加えて心地の良いコーラスがサウンドを彩っていますね。

「マンデイ・モーニング」、「リアノン」、「オーヴァー・マイ・ヘッド」、「セイ・ユー・ラヴ・ミー」等々。
フロントの3人がそれぞれイニシアチブを取りつつ、実に魅力的なサウンドを聴かせてくれてますね。

更にバンド名となっている、ドラムのミック・フリートウッドとベースのジョン・マクヴィーがリズムの要ですが、ほんとに堅実にしっかりとサウンドを支えていて、結構好きです、この人達。

この後に、勢いそのままに最大のヒット作となるアルバム「噂」が発表されるのですが、それは次回に。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでFleetwood Mac - フリートウッド・マックをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。
このブログ内の関連記事

tag : フリートウッド・マック Fleetwood Mac ファンタスティック・マック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。