スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トルバドール/J.J.ケイル

相変わらず、押し殺したような、枯れた歌声が静かに響く、J.J.ケイルの4thアルバムです。

トルバドール」(Troubadour

トルバドール1976年発表。
個人的には、前作「オーキー」が、この人の魅力とは言えあまりに地味で淡白すぎた印象だったのに対して、今作はアレンジを含めて、それぞれの曲が丁寧に作り込まれている感がありますね。

いつもの事ながらシンプルな曲調で、それが魅力なんですが、カントリーにブルースに、時にジャジーな雰囲気も漂い、珍しくバラエティに富んでいる感じでしょうか(この人にしては、ですけど)。

全12曲中11曲は本人による曲ですね。
派手さはなくても、味わいのある楽曲をいつも聴かせてくれていて、他のミュージシャンがカバーしたりするあたり、ソングライターとしての才能も見逃せないですよね。

収録曲で気になるのは何と言っても、「Cocaine」(邦題:コカインの恐怖)でしょうね。
この曲を初めて聴いたのは、クラプトンの方が先で、あとからこちらの原曲を聴きました。
クラプトンで馴染みの曲とは言え、無茶苦茶カッコいいですよ、本家は。

クラプトンのどちらかというとストレートな演奏も良いですが、あのギターのリフとカッティングに、J.J節が絡んでくると、やっぱりこちらの方がしっくりときて好きですね。

あと時々「Let Me Do It To You」のような、歯切れのいいギターのリフを用いたファンキーな曲もあるんですが、いかんせんこの渋く枯れたヴォーカルなので、やっぱりJ.J.ケイルですね(笑)

派手な活動も宣伝もない、商業的な事には興味が無さそう。
ただただその姿勢は自身の音楽にのみに向けられているという、J.J.ケイル。

なんだかんだ言っても、私もその世界に取り憑かれてしまってるんですよね。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでTroubadour - J.J.ケイルをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : J.J.ケイル トルバドール

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。