スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クーパー・セッション/Al Kooper introduces Shuggie Otis

前回のアル・クーパーの手による「スーパーセッション」を聴いて、引き続き輸入レコード店で見つけたのがこれ、

クーパー・セッション

クーパー・セッション「スーパーセッション」が凄かったので、内容はほとんど知らなかったのですが、買ってしまいました。

このアルバムはアル・クーパーのスーパーセッションアルバム第2弾で1969年レコーディングとのこと。
ジャケットに「Al Kooper introduces Shuggie Otis」とタイトルがついています。

そのシュギー・オーティス(シャギーとも表記されてますね)はR&Bの大御所ジョニー・オーティスの息子でこの時15歳…、って凄すぎない?
このアルバムを購入した時の私と同じくらいの年だったもので、このギターに更に唖然としたものです。

A面は「THE SONGS」、B面は「THE BLUES」と書かれており、その通りA面は歌有りでB面はどっぷりブルースが聴けます。
一曲目の「BURY MY BODY」からアル・クーパーのピアノとシュギーの緊迫感溢れる演奏が聴かれ、否が応でもこのアルバムに期待を持たせます。
内容は期待通りのセッションとシュギーの素晴らしいギターが聴けて、最後の「SHUGGIE'S SHUFFLE」のギターは最高にご機嫌ですね。


シュギーのギターは当時高校生の私にはかなりの衝撃で、このアルバムはかなりのお気に入りでした。

こんなに凄いギターを弾いているのですが、私がその名前を目にする事はその後ほとんどなくて、残念ながらこの後、私が彼の演奏を耳にしたのは、ジョニー・オーティスのアルバムで一度だけでした。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでAl Kooperをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : アル・クーパー シュギー・オーティス クーパー・セッション

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。