スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Two Bugs And A Roach/アール・フッカー

ブルースの名ギタリストは多くいますが、職人、達人と呼ばれるこの人、アール・フッカー

初めて聴いたのは、ジョン・リー・フッカーの「シングス」におまけみたいな形で追加収録されていた4曲でしたが、そのギターがかっこ良かったんですよね。
で、その後やっと単独のアルバムを手にしました。

Two Bugs And A Roach

Two Bugs And A Roach1968年録音のアーフーリー盤ですね。
ジャケットのようにダブルネックを愛用しているのはブルース・ギターとしては珍しいですね。

50年代末からシカゴで活動を始めセッションも多くこなしているようで、そのギター・テクニックはかなりの影響力があったようです。
通常の指弾きもさることながら、単弦弾きのニュアンスに富んだスライド・ギターも有名ですね。

スロー・ブルースでヴォーカルもとっているA面1曲目の「Anna Lee」や、楽しげな雰囲気の中ご機嫌に弾きまくっているB面1曲目の「Two Bugs And A Roach」(ちなみにリフは バディの「Mary Had A Little Lamb」と同じですね)等々、既に成熟した感のある達人余裕の演奏ですね。

本人はあまり歌わないようで、元々インストも多いようですが、このアルバムでは2曲でヴォーカルをとっているのと、ゲスト・ヴォーカルでキャリー・ベルとアンドリュー“B.B.Jr.”オーダムが参加してます。
アンドリュー“B.B.Jr.”オーダムの「You Don't Love Me」はなかなか迫力のあるヴォーカルが楽しめます。

クリアなトーンで、弾きまくるそのギターはなるほど職人。
ワウワウなんかも効果的に使用していますし、ギターの音色を細かく調整しながら変化をつけているのも実に巧みですね。

同じようなスライドのスタイルとして、ロバート・ナイトホークの名前がよく出てくるので、是非、そちらも聴いてみたいと思ったものでした。

そう言えば確か、前述のジョン・リー・フッカーはアール・フッカーの従兄でしたね。
1970年に41歳で他界してます。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、このCDは、このアルバム「Two Bugs And A Roach」と、このブログでも紹介しているアルバム「His First and Last Recordings」とのカップリングですね(つまりこのCD1枚で済んでしまうのか…)。

◆Amazonでアール・フッカーをチェックする。

◆iTunes StoreでTwo Bugs and a Roach - Earl Hookerをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。
このブログ内の関連記事

tag : アール・フッカー Two Bugs And A Roach

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。