スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザ・ブルース・ショウ! ライブ・アット・ピット・イン/ローウェル・フルスン with リー・アレン

B.B.キングが「眠れるブルースの巨人」と敬い評した、テキサス/ウェスト・コースト・ブルースの、更にモダン・ブルースの重鎮、ローウェル・フルスン

実はそれまでは、いまひとつつかみ所のないブルース・マンという印象で、手が出なかったのですが、ひょいと国内盤を手にしました。

ザ・ブルース・ショウ! ライブ・アット・ピット・イン
The Blues Show! Live at Pit Inn

ザ・ブルース・ショウ! ライブ・アット・ピット・イン1980年11月28日の六本木ピットインでのライブを収録したアルバムですね。
来日していたんですね~。
しかもローウェル・フルスン初のライブ・アルバムなんですね。

いや~、まずは何と言っても、ライブを見たかったです。
ライブの当時はまだ高校生でした。来日のことはもちろん、ローウェル・フルスンのことも全然知りませんでした。
今思うと、あと数年後だったら、と思ってしまいます。

で、アルバムはというと、ライブならではの臨場感の中、「Everyday I Have the Blues」や「Reconsider Baby」、そして、アルバム最後はソウル全盛期に大ヒットした有名な「Tramp」等々、代表曲を、時に重厚に、時にファンキーに迫力満点に聴かせてくれています。

ニューオーリンズR&Bを代表するサックス奏者リー・アレンが強烈にサポートしていますね。
(といっても、この人のサックスはこの時初めて聴いたんですけど)

1921年オクラホマ州タルサ生まれで、この時59歳ですが、押しの強いガツンとくるギターと、何と言っても深く味のあるヴォーカル。
レコード帯にもある“リアル・ブルース・シンガー”ですね。巨人です。

1946年の初レコーディングから活躍し続けたローウェル・フルスンですが、名盤として「トランプ」があるというのは分かっているのですが、当時は聴きたくてもなかなかレコードに出会う事が出来なかったんですよね。

今ではCDですぐに手に入るはずなんですが、未だに聴いてないんです。
タイミングを逃すとそんなもんですよね。

あれ?ネットで目にしたのですが1996年にも来日してるの?記憶にないのですが…。
1999年に他界しています。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。
タイトルを見るとこのCDだと思うのですが、ジャケットが違いますね。


◆iTunes StoreでLowell Fulsonチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。

tag : ローウェル・フルスン ザ・ブルース・ショウ! ライブ・アット・ピット・イン リー・アレン

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。