スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mellow Fellow/フェントン・ロビンスン

メロウ・ブルース・ジニアスと称され、モダン・ブルースの中にあって、独創的で異彩を放つと言われるフェントン・ロビンスンです。

正直言いますと、あまり独創的とか異彩とか言われると、懐具合を考えながら王道のブルース名盤を追いかけるのが精一杯な身では、なかなか手が出なかったのですが、そんな中で手にしたのが、

Mellow Fellow

Mellow Fellow1986年の発売のようですが、1971年のCharly盤の再発ですかね。
ちょっと詳細は分かりません。
made in the EEC とあるので、まあヨーロッパ盤といったところでしょうかね。

全体の印象は、かなり意欲的で洗練されたモダン・ブルースですね。
1曲目の代表曲「Somebody Loan Me A Dime」からカッコいいです。
ただ、これはオリジナル(最初の)の録音ではなく、この曲を含めて収録曲にはギターを弾いていない曲もあるようです。
代わりのギターは音が歪みすぎで、ちょっと辛い部分はあります。

ただ、他で聴かれるフェントン・ロビンスンのギターはクリアなトーンでチョーキングはあまり使わず、フレーズを細かく刻むスタイルは独特で、時にオシャレですね。
ブルース・ギターで一般に好まれる、スクィーズ系のギターとは両極を成してます。

更にホーンも入るそのサウンドはかなりリズムの効いたファンキーさで、これまた独特(ちょっとバタバタした感はありますが)。
「Mellow Fellow」のようなスローな曲にしても、普通にイメージするブルースに比べると、かなり洗練されている感じですね。

実は、久しぶりに今回聴いたのですが、ブルースといってもこの独創的なサウンドは魅力ですね。
メロウ・ブルースとはなんぞやって感じですが、甘く良く通るヴォーカルが、普通ブルースで言われる、ディープとか渋いとかではなくて、繊細ささえも感じる味わいです。

しかし、あまり独創的とか異彩とか、斬新とか言わない方が良いかもしれないですね。
それは聴く方の感じ方ですからね。
どうも私も、クセのある音楽なのかなという先入観が強くて、手にするのが後になってしまいましたが、いいものはいいんです。

1997年に他界してます。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。
右のCDはジャケットが違い収録曲も多く、元が一緒かどうかは分かりません。


◆iTunes StoreでMellow Fellow - Fenton Robinsonをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。

tag : フェントン・ロビンスン Mellow Fellow

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。