スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギミー・バック・マイ・ブレッツ/レーナード・スキナード

サザン・ロックといえば、オールマン・ブラザーズ・バンドと同様に人気があるのがレーナード・スキナードですよね。

このブログでは、先に有名なライブ盤「One More From The Road」が登場してますが、今回のアルバムは、

ギミー・バック・マイ・ブレッツ」(Gimme Back My Bullets
(ちなみに邦題は「不屈の魂」)

ギミー・バック・マイ・ブレッツ1976年発表の4枚目のアルバムです。
(って、実は1枚目から3枚目のアナログ・レコードは持ってないんですけどね)

先に言っておきますが、このアルバムは一般的には結構評価が低いですよね。

看板でもあるトリプル・ギターのうちエド・キングが1975年に脱退してしまい、このアルバムはギター2人で全メンバー6人で収録されています。
そのせいだけではないですが、イメージにある切れの良い強烈な感じではなく、全体的により土臭く泥臭いサウンドになっています。

このアルバムから、プロデューサーがアル・クーパーからトム・ダウドに代わっているのもサウンドにかなり影響しているのでしょうね。

キャッチーな曲が少なく、地味な印象を受けるのも評価の原因かもしれないですね。
ただ、それはそれで、なかなか渋い味わいがあって、こういうサウンドは嫌いではないです。

印象的なのが、J.J.ケイルのアルバム「オーキー」(1974年)からのカバー、「アイ・ガット・ザ・セイム・オールド・ブルース」。
(個人的にJ.J.ケイルがお気に入りなもので…)

レーナード・スキナードがカバーしたJ.J.ケイルの曲と言えば、「コール・ミー・ザ・ブリーズ」が知られていますが、こちらの曲はより原曲に近い雰囲気なのも、アルバム全体の音作りによるものかもしれません。

ただ、B面3曲目「サーチング」はツイン・ギターが突き抜けていて“らしい”ですね。

有名な先のライブ盤「One More From The Road」がこの後、同年に発表されるのですが、今回のアルバムがちょっと抑え気味だったのに対して、スティーヴ・ゲインズが加入して、またトリプル・ギターになったせいもあるのか、もの凄い勢いのライブ・アルバムですよね。

ちなみにその年はオールマンが解散した年で、それに替わるようにレーナード・スキナードが最盛期を迎えようとした訳ですね。

ところが、翌年1977年にあの飛行機事故が起きてしまう。残念無念です。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでGimme Back My Bullets (Extra Tracks) - レーナード・スキナードをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : レーナード・スキナード ギミー・バック・マイ・ブレッツ 不屈の魂

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。