スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lady in Waiting/アウトローズ

フロリダ州出身のアウトローズは、サザン・ロック・バンドの中ではどちらかというと知名度は低いのでしょうが、他の大御所バンドのアルバムは何かと聴く機会があるので、このバンドのアルバムを見つけると、“これを逃すともう聴くことができないかもしれない”と、ついつい手が出てしまってたんですよね。

Lady in Waiting」(邦題:淑女と無法者

Lady in Waiting1976年発表の2ndアルバムです。
見開きジャケットのイラストが印象的ですが、こいうアナログ盤の見開きジャケットは何だか嬉しいですよね。

デビュー・アルバムで聴かれたそのサウンドは、一般にイメージするサザン・ロックよりカントリー色が強く、コーラスが素晴らしくてウェスト・コースト・ロックに近いですね。

メンバーはトリプル・ギターにベースにドラムスと、サザン・ロック・バンドらしい編成ですが、考えてみたらイーグルスも同じですね。
珍しく、メンバーを記しておきます(私も知らなかったので…)。

Lady in Waiting_imgビリー・ジョーンズ(Laed g,vo)
ヒューイ・トーマソン(Laed g,vo)
ヘンリー・ポール(g,vo)
フランク・オキーフ(b)
モンテ・ヨーホー(dr)

で、このアルバムはデビュー・アルバムのサウンドをそのまま継いでいるのですが、デビュー・アルバムに比べると、各曲がややダイナミックさに欠けて、インパクトは弱いかもしれないです。
それでも、美しいコーラスとツインでギター・ソロをグイグイと聴かせるあたりは、なかなか楽しめます。

収録曲の中では、A面1曲目の「Breaker-Breaker」が、いきなりコーラスも爽やかで、ほとんどウェスト・コースト系。まるでイーグルスを思わせるサウンドですね。

その他、B面1曲目の「Lover Boy」は軽快な曲調にツイン・ギターにコーラスにと、なんとも“らしい”ですし、アルバム最後の「Stick Around For Rock & Roll」も突き抜けるギターが気持ちいいです。サザン・カントリー・ロック・ギターとでも呼ばせてもらいましょう。

それにしてもマイナー調の曲がほとんどないですね。
カントリー色が強いので、全体的にカラッとして爽快な印象です。

う~ん、こうなってくると、サザン・ロックという括りはあまり意味がないですね。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでLady In Waiting (Remastered) - The Outlawsをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。
このブログ内の関連記事

tag : アウトローズ Lady in Waiting 淑女と無法者

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。