スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホワッツ・シェイキン/ラヴィン・スプーンフル、ポール・バターフィールド・ブルース・バンド、エリック・クラプトン&ザ・パワーハウスほか

前回書いた「ザ・ポール・バターフィールド・ブルース・バンド」の「青春秘蔵版」シリーズ(相変わらず気恥ずかしい名前のシリーズ名ですね。記事はこちら)。
次にこのシリーズの帯を見つけて買ったのが、

ホワッツ・シェイキン

ホワッツ・シェイキンこのアルバムは「ラヴィン・スプーンフル」と「ポール・バターフィールド・ブルース・バンド」をメインにしたオムニバス・アルバムで、「エリック・クラプトン&ザ・パワーハウス」というレコーディング用バンドの演奏も聴く事が出来ます。

やはり、ポール・バターフィールド・ブルース・バンドとクラプトンの名前を見たら、買わずにはいられませんでした。

その他に「アル・クーパー」、「トム・ラッシュ」(すいません、ほとんど知りません)の演奏が入っています。
オリジナルは1966年発売という事なので、結構古い録音ですよね。

興味が向いたのは、やはり「ポール・バターフィールド・ブルース・バンド」と「クラプトン&ザ・パワーハウス」で、これを聴きたくて買ったも同然でしたから。

クラプトンはクリームを結成する前ですが、メンバーにはスティーヴ・ウィンウッドとジャック・ブルースがいて、この後のクリームからブラインド・フェイスへの香りがしています。クロスロードの原型もここで聴くことができます。

個人的にはやはり「ポール・バターフィールド・ブルース・バンド」の演奏がホワイトブルースという点からは惹き付けられます。(録音時期から見ると絶好調のときですね)

ジョン・セバスチャン率いる「ラヴィン・スプーンフル」は数々のヒット曲を出していすが、残念ながらその後はあまり聴く機会がありませんでした。ブルースのエッセンスを取り入れつつポップ感のあるバンド・サウンドを聴かせています。
スーパーセッションでしか知らなかったアル・クーパーをここで聴けたというのは何だか得した気分でした。「泣かずにいられない」の一曲ですがいいですよね。

このアルバムは、若手白人ミュージシャンのエネルギーに溢れていて、かなり聴きごたえのあるホワイトブルース・アルバムではないかと思います。
たしかに「青春秘蔵版」といっていいかも…。

※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでWhat's Shakin' - ヴァリアス・アーティストをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : ホワッツ・シェイキン エリック・クラプトン ポール・バターフィールド・ブルース・バンド アル・クーパー What's Shakin'

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。