スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Feel It!/エルヴィン・ビショップ・グループ

バターフィールド・ブルース・バンド脱退後、自身のバンドを結成してソロ活動を始めたエルヴィン・ビショップですが、バターフィールド・ブルース・バンドを聴いた時から、そのギターは気になっていたので、ソロ・アルバムもさかのぼってですが手にしました。今回は、

Feel It!

Feel It!1970年発表のエルヴィン・ビショップ・グループ名義のソロ転向後2枚目のアルバムですね。

前作のデビュー・アルバムと同じくフィルモア・レーベルからですが、中古の輸入盤を手にしたので、詳細については残念ながら分からないです。

音的にはかなりソウルフルというかファンキーで時にポップな音作りですね。
他の男性/女性メンバーがヴォーカルをとっているのと、ゲストでポインター・シスターズの名前があるので、R&Bっぽかったり、ソウルフルなのはそのせいもあるのでしょうね、

個人的には、エルヴィン・ビショップのちょっととぼけたようなヴォーカルは嫌いではないのですが、このアルバムでヴォーカルをとっているのは1曲(デュエットで)のみですね。
その曲「So Fine」はなかなか楽しい仕上がりになっています。

他にもゲストで、サンタナからコンガとティンバレスでマイク・カラベロとチェピート・エレアスが参加しています。

パーカッションを充実させている通り、バンドとしての勢いやノリを重視しているようで、エルヴィン・ビショップのギターが前面に出てくることは少ないですね。
もうちょっと、ギターを聴きたい気はしますが、本人はあくまでバンドとしての音作りを念頭に置いている感じでしょうかね。

それでも、所々で聴かれるギターとラフなスライドは、相変わらず勢いがあって楽しいです。
ただ、ブルース色はほとんど感じられませんね。

唯一、アルバム最後にアルバート・キングの名曲「As The Years Go Passing By」を演奏していますが、元々この曲もそんなにブルース感は強くないですからね。

この後もエルヴィン・ビショップはコンスタントにアルバムを発表して、比較的ポップな路線でヒット曲も出すようになりますからね。
そこら辺の続きはまた今度ということで。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでElvin Bishopをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : エルヴィン・ビショップ・グループ Feel It!

コメントの投稿

非公開コメント

No title

どうも
SNAKEです
勉強になりました

Re: No title

SNAKEさん
お恥ずかしい…
恐縮です。
プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。