スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロック・オブ・エイジズ/ザ・バンド

後のラスト・ワルツがライブとは言えちょっと違った面をもったアルバムなので、当時のザ・バンドのステージでの様子を伺うことのできるライブ・アルバムといったら、このアルバムですよね。
(ディランとの「偉大なる復活」(1974年)もありますがね)

ロック・オブ・エイジズ」(Rock Of Ages

ロック・オブ・エイジズ1972年発表の2枚組ライブ・アルバム。
国内盤の中古を手にしました。

1971年の年末にニューヨークのアカデミー・オブ・ミュージックで行われたコンサートをもとにしたものですね。
特に大晦日の最終日の演奏が多いようです。

このライブ・アルバムの最大の特徴とも言えるのは、前作にあたるスタジオ盤「カフーツ」で試みた、アラン・トゥーサンのアレンジによるホーン・セクションをライブでも取り入れていることでしょうね。
賑やかなだけではなく、重厚さや力強さをもたらしていて素晴らしいです。

それにしても、良いのか悪いのか、拍手や歓声がないと、本当にライブなの?というくらい、演奏が完璧ですね。

といって迫力がない訳ではなく、ラフっぽかったり、荒々しかったりといった意味でのライブっぽさはあまりないということで、演奏自体は素晴らしい出来で、かえってホーンも相まって大迫力かつ濃密と言っていいと思います。

曲は今さらここで…、という気もしますが、個人的に気になった所では、

1枚目のA面1曲目の「ドント・ドゥ・イット」はマーヴィン・ゲイのヒット曲ですかね。このアルバムで初のレコード化ですね。

ザ・バンドのアメリカ南部やルーツ・ミュージックを感じさせる曲に対して、ホーンが本当に効果的ですよね。
中でも「W.S.ウォルコット・メディシン・ショー」「オールド・ディキシー・ダウン」「ロッキー越えて」「ラグ・ママ・ラグ」…って、結局どの曲もって感じできりがないです(笑)
やっぱりカフーツ収録の「カーニバル」はホーンが冴え渡ってますけどね。

ロビー・ロバートソンも生き生きとしたギターを随所で弾いていますが、「アンフェイスフル・サーヴァント」のピキピキ・ギターはたまらんです。

ガース・ハドソンのオルガンによって繰り広げられる「ザ・ジェネティック・メソッド」は途中、新年を迎えるに合わせて「蛍の光」がフューチャーされてるのかな? そして「チェスト・フィーバー」へと続くあたりもなかなか迫力があって聴きごたえがあります。

アルバム最後の「ハング・アップ・マイ・ロックン・ロール・シューズ」もレパートリーだった曲を初のレコード化したものですね。
これは、ホーンも華やかにいわゆるライブっぽく(笑)楽しい演奏でアルバムを締めくくっています。

まあ、私が力説するまでもない、歴史的にも素晴らしいライブ・アルバムですね。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

CDは丸々1枚がボーナストラックなの? LPには収められなかった、ボブ・ディランが共演した曲も収められてるんですね~


◆Amazonでザ・バンドをチェックする。

◆iTunes StoreでRock of Ages (Live) [Remastered] - ザ・バンドをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : ザ・バンド ロック・オブ・エイジズ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。