スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日なき暴走/ブルース・スプリングスティーン

先月のことで、随分と時間が経ってしまいましたが、Eストリートバンドのクラレンス・クレモンズの訃報が流れました。
すぐにこのブログで、と思ったのですが、アルバムを聴くタイミングを逃してしまったもので…、

ということで、遅ればせながら、改めてブルース・スプリングスティーンのアルバムを聴きました、

明日なき暴走」(Born To Run

明日なき暴走1975年発表の3rdアルバム。
ブルース・スプリングスティーンの出世作にして名盤。

いちシンガーソングライターから、ロックン・ローラーとしての評価を確かなものしにた、というアルバムですよね。

力強く、熱く、ストレートに吐き出されるその音楽、そのメッセージは多くの共感を呼び、きっと当時の若者の心をがっちりと掴んだんでしょうね。
残念ながら私はアルバム発表当時はまだ子供で、リアルタイムでは聴いてませんし、歌詞も分からなかったでしょうね。

A面は「涙のサンダーロード」(Thunder Road )から4曲目の「裏通り」(Backstreets)、
B面は「明日なき暴走」(Born to Run)から最後の「ジャングルランド」(Jungleland)まで、
アルバム通して、どの曲も素晴らしく、一気に駆け抜けていきます。

明日なき暴走_見開きエネルギッシュな歌と演奏は本当に潔く、迫力あります。
ただ、時にR&Bの香りもチラホラしたりして、なかなか深みがあって豊かな音楽性も感じますよね。

このアルバムは今聴いても色褪せることのないロックの名作ですね。

最後にクラレンス・クレモンズについてですが、このアルバム・ジャケットにの2ショットの写真を見ればその関係が何だか伝わってきますよね。

本当にいいジャケット写真です。

それに、そのサックスはアルバムの中でも特に印象的で効果的にブルース・スプリングスティーンのサウンドを支えていますね。
アルバム・タイトル曲なんかは、豪快、壮快にブローするサックスが疾走感を煽ってたまらなくカッコいいです。

『アメリカ時間の2011年6月18日、“ビッグ・マン”の愛称で親しまれ、Eストリート・バンドなどで活躍したサックス奏者、クラレンス・クレモンズが享年69歳で急逝』

ご冥福を心よりお祈り申し上げます。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでBorn to Run - ブルース・スプリングスティーンをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : ブルース・スプリングスティーン 明日なき暴走 Born To Run

コメントの投稿

非公開コメント

No title

どうも
私も良く聴きました
クラレンスさんに合掌ですね
きっと日本を見守ってくれてます
SNAKE

Re: No title

SNAKEさん、こんばんは。
改めて聴くと、本当にいいですよね、
クラレンスさん。
合掌です
プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。