スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Johnny Shines and Company/ジョニー・シャインズ

前回のロバート・Jr.ロックウッド同じくらい、ロバート・ジョンソンと関わった人物として名前が上がるブルースマンですね。
ジョニー・シャインズです。

ロバート・ジョンソンと実際に行動を共にして、“ジョンソンを現代に伝える男”なんて言われたりしたのですが、音楽的にはあまり評価されてなかったのでしょうかね。
聴いてみたかったのですが、情報は少ないし、アルバムもほとんど目にすることがなかったんですよね…

そうなると、なおさら聴いてみたくなり、内容も全く知らないアルバムでしたが、見つけてすぐに手にしました。

Johnny Shines and Company
(accompanied by Dave Bromberg and his band)

Johnny Shines and Company1974年発表ですが、輸入盤で詳細がさっぱり分かりません。

アルバムを聴くと、ミシシッピ・デルタ・スタイルのスライドによるディープな弾き語り「Little Wolf」から始まるのですが、2、3曲目の「Mr. Cover Shaker」「Shotgun Whupin'」はエレクトリック・セットでバンドがついたシカゴ・スタイルで、これがかなりご機嫌な演奏。
で、4曲目の「Lost Love Letter Blues」ではまたしてもアコースティックによるデルタ・スタイル…、

と言った具合に、シシッピ・デルタ・スタイルとシカゴ・スタイルを織り交ぜてといった内容です。

B面になると、よりホーンを大きく取り入れてモダンな雰囲気ですが、最後の曲「Jim String」は弾き語りで、渋いギターとスライドがいいですね~

弾き語りの時の、細かくビブラートする声が、何ともミシシッピ・デルタの雰囲気を醸し出していますが、シカゴ・スタイルの時は伸びやかで艶のある歌声を聴かせてくれてますね。

ちなみに、このアルバムに参加している Dave Bromberg は、ボブ・ディランのアルバムに参加したりしている“デヴィッド・ブロムバーグ”でしょうかね(詳しくは知りませんが)。
どういう繋がり、と言うか企画だったのだろうか…。

結局、単独アルバムはこれ1枚しか持っていないので、ジョニー・シャインズのブルースというものを分かっているとは言えないですが、これはミシシッピ・デルタからシカゴ・ブルースの流れを感じさせてくれる、ジョニー・シャインズによる本物のブルースですよね。

ジョニー・シャインズも一旦一線を離れて、60年代半ばに“再発見”されてますね。
1915年生まれで、1992年に亡くなってます。

※いつものように、Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介しようと思ったのですが、見つけられませんでした。

◆iTunes StoreでJohnny Shinesをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : ジョニー・シャインズ Johnny Shines and Company

コメントの投稿

非公開コメント

No title

どうも
この人聴いてないんですよ・・・
よさそうですね
いいなーーーーーー
SNAKE

Re: No title

SNAKEさん、どうも。
私もあまり詳しくはないですが、強烈な個性が無いあたりが、あまり目立たないのでしょうかね。
渋くて、良いんですけどね。
プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。