スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mister Blues Is Back To Stay/ロバート・Jr.ロックウッド&ジョニー・シャインズ

ロバート・Jr.ロックウッドジョニー・シャインズと紹介が続きまして、この順番でアナログレコードを手にした訳ではないのですが、話の流れで次はこのアルバムです。

ロバート・Jr.ロックウッド&ジョニー・シャインズの、

Mister Blues Is Back To Stay

Mister Blues Is Back To Stayこの2人の名前と一緒の写真がジャケットにあると、アルバムの内容は知らなくても手が出てしまいましたね。

1981年にRounderから発表されたもので、中古の輸入盤を手にしました。
ロバート・ジョンソンと関わりの深い2人ですが、この頃(1980年代に入って)は、実際に2人は活動を共にしていたようですね。

どちらもシカゴ・スタイルなんでしょうが、非常に先進的に展開したロバート・Jr.ロックウッドに対して、ミシシッピ・デルタの香りを強く残すジョニー・シャインズといった構図でしょうかね。

アルバムの内容としては、ヴォーカルはロックウッドが4曲、ジョニー・シャインズが5曲とっていて、ロックウッドのインストが2曲収録されています。

クレジットを見ると、ギターを弾いているのはロックウッドだけのようですね。
ソロといいカッティングといい、いかにもの独創的で職人的な演奏を聴かせてくれています。
ただ、ちょっとギターにエフェクト(フェイザー系?トレモロ系?)かけ過ぎですかね(笑)、特にA面。

バンドは他にサックス2本、ピアノ、ベース、パーカッション、ドラムス、そして曲によってハープといったところで、全体的にはロックウッドのギターとあわせて、洗練されたよりジャズっぽい演奏です。

各曲詳細については省きますが、前述したように、ロックウッドの曲は、リズムとか進行を凝った曲が多く、対してジョニー・シャインズの歌と曲は、やはりデルタ発のモダンなシカゴ・スタイルといった趣ですね。

どうなんでしょうかね、このアルバム。
ほとんど評判も聴きませんし、ジャケットを目にすることもありません。
2人の当時としての現在進行形の演奏を充分楽しめますが、ちょっとインパクトに欠けるんですかね。

※ロバート・ロックウッド・ジュニアは言い慣れないので、今まで通りにしてます。
※この記事のカテゴリーはRobert Jr. Lockwoodにしています。ジョニー・シャインズのアナログレコードは1枚しか所有してないので、その記事はこちらをそうぞ。
→「Johnny Shines and Company/ジョニー・シャインズ


※いつものように、Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介しようと思ったのですが、見つけられませんでした。
◆Amazonでロバート・JR.ロックウッドをチェックする。

◆iTunes StoreでRobert Jr. Lockwoodをチェックする。
◆iTunes StoreでRobert Lockwood, Jr.をチェックする。
◆iTunes StoreでJohnny Shinesをチェックする。

にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : ロバート・Jr.ロックウッド ジョニー・シャインズ Mister Blues Is Back To Stay

コメントの投稿

非公開コメント

No title

むむむむむむ・・・・・・
またしても聴いた事無いやつ・・・・・
いいな・・・・・・・・・・・・・
SNAKE

Re: No title

何をおっしゃいます、SNAKEさん。
SNAKEさんのほうが広く深く色々聴いていて、ブログを拝見していいな~って思ってます。
聴いてみたかったけど、聴いたことの無いアルバム等も次々紹介されるので、コメント残すタイミングを逃す程ですよ。
私の場合、狙ってというより、たまたまレコード店にあったので手にした、というパターンも結構あるので、必ずしも…(笑)
プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。