スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Real Folk Blues/マディ・ウォーターズ

何だかシカゴ・ブルース関係が続きましたので、その勢いで大御所マディ・ウォーターズです。

初期のマディを聴こうと思うと、先に登場した「ザ・ベスト・オブ・マディ・ウォーターズ」が特に有名ですが、更にと、その次を探していたので、このレコードを見つけた時は嬉しかったですね。

The Real Folk Blues

The Real Folk Bluesチェスのオリジナルは1966年発売ですが、手にしたのは1987年再発の輸入盤ですね。

録音の時期がかなり広範囲で、1947年から1964年までからとなってます。
アルバムを聴くと、まだバンド・スタイルになってない曲もありますね。

その辺りで、フォーク・ブルースというタイトルなのでしょうか。
ただ、エレクトリックなバンド・スタイルも聴かれて、そちらはもうドップリとシカゴ・スタイルのマディのディープな世界です。

ミシシッピ・デルタ・ブルースをベースにしたスタイルがバンドによる所謂シカゴ・スタイルに変わっていく、この頃の録音は興味深いですよね。

ちなみにアルバムの曲順は年代順にはなってません。

主な収録曲では、
A面1曲目は、あの「Mannish Boy」です。
個人的には、ザ・バンドの「ラスト・ワルツ」で、ザ・バンドをバックに"Mannish Boy"を歌う動くマディを初めて観て以来、その強烈な風貌、いや、ブルースにすっかりやられてしまいましたからね。

デルタ・ブルースの香り漂うマディのスライドとビッグ・クロフォードのベースだけによる1950年の「Walking Blues」(A面5曲目)や「Rollin' & Tumblin'」(B面3曲目)等もやっぱりカッコいいですね。

1947年のデビュー曲 「Gypsy Woman」(B面2曲目)はサニーランド・スリム(p)とビッグ・クロフォード(b)のバックによるもので、このセットはこの曲のみです。

アルバム中では一番後年の1964年録音の「Same Thing」(B面1曲目)は、既にモダンな雰囲気が漂い、貫禄あります。

この頃のシカゴというか、チェスのセッションメンバーがとにかく凄いですよね。つまりマディ・バンドですよね。

ハープはリトル・ウォルターにウォルター・ホートン。そして、ジミー・ロジャース(g)、ウィリー・ディクスン(b)、オーティス・スパン(p)、フランシス・クレイ(ds) らの面々が、がっちりとマディのシカゴ・ブルースを支えてます。

そして、もちろんマディのその圧倒的なヴォーカルと、高ぶる感情が乗り移ったような力強いスライドですから、これはたまりません。

やっぱり、マディは濃い~、深い~


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。
このCDは今回のアルバムと、More~のアルバムとのカップリングですかね。


◆iTunes StoreでThe Real Folk Blues / More Real Folk Blues - マディ・ウォータースをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : マディ・ウォーターズ The Real Folk Blues リアル・フォーク・ブルース

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ども!
来ましたね!!
このシリーズ良いですよね
モア・リアル・・・・・の方も大好きです
SNAKE

Re: No title

SNAKEさん、どうも!
って、今、モア・リアル~聴いてました(笑)
次の予定です(言っちゃった)。
やっぱ、いいですね~
プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。