スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

I'll Play The Blues For You/アルバート・キング

3大キングといっているのは日本だけであろうか。
それでもフレディ・キング、B.B.キングと聴いて、あとはやはりアルバート・キングを聴かなければ、と、高校生の頃の私は何故か使命感に燃えていました。
(といっても、当時はそれぞれ1枚ずつしか聴いた事はなかったのですが…)

そして、何とか出会えたアルバート・キングのアルバムが、

I'll Play The Blues For You

I'll Play The Blues For You輸入版でしたので、詳しい事は分からなかったのですが、元は1972年の録音(スタックス盤)で、どうやら購入したものは1981年にリマスターされたもののようです。

このタイトル曲は代表作だというのも後になって知りました。(よく分からないのですが、別ジャケットがあり、そちらの方が一般的みたいですね)

一曲目のアルバム・タイトル曲から、サウスポーのフライングVから繰り出される、鋭く、図太く、絞り出すようなギター、むせび泣くチョーキング。
決して技巧的ではないものの、ググッと響いてきます。

そもそも、右利き用のギターをそのまま左に持ち替えて弾いているので(1弦が上)、そのチョーキングの感じは独特なのかもしれないですね。

そして、どこまでもディープで黒いその声、ソウルフルでファンキーでもあるそのサウンド。
正直、先のB.B.キングより痺れてしまいました。

今思うと幸運だったのは、ブルースを扱うレコード店がほとんどなく、あっても枚数が少なく選ぶ余地のあまりないブルースレコードのなかで、フレディ・キングといいB.B.キングといい、そしてこのアルバート・キングといい、とても良質の名盤といわれるレコードに出会えた事です。

この、ぞくぞく、わくわく、そして心に響く演奏を耳にして、ブルースにハマらずにはいられません。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでI'll Play the Blues for You (Stax Remasters) - Albert Kingをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : アルバート・キング I'll Play The Blues For You

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。