スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

More Real Folk Blues/マディ・ウォーターズ

さて、続けて大御所マディ・ウォーターズです。

前回が「The Real Folk Blues」ですから、もちろん次はこれです。

って、実際はそんなにすぐに見つけられませんでしたが、チェスの初期の録音として、「The Best of Muddy Waters」「The Real Folk Blues」、そしてこのアルバムは何とか聴いてみたかったので、見つけた時は嬉しかったですね~

More Real Folk Blues

More Real Folk Blues前出の「The Real Folk Blues」が1966年発売で、その続編として1967年に発売されてますが、手にしたのは1988年再発の輸入盤です。
収録されているのは、1948から1952年の録音ですね。

“More”となってはいるものの、前出の「The Real Folk Blues」が1947年から1964年までと広範囲の録音からだったので、こちらの方が時期が集中していて、より当時のマディのスタイルが分かりやすいですね。

アルバムの曲順は年代順にはなってません。以下、主に裏ジャケットの情報によります。

基本的には、ビッグ・クロフォード(b)とのデュオ曲と、更にそこにリトル・ウォルター(har)が参加している編成が多いですね。

つまり完全なバンド・スタイルではないので、まだシカゴ・ブルースのスタイルというよりは、ミシシッピ・デルタの香りプンプンのカントリー・ブルースのスタイルですよね。

そのせいもあると思うのですが、マディのエレクトリック・スライド・ギターが際立っていて、強烈に響いてきますね。
もちろん圧巻のヴォーカルです。

アルバム最初の「Sad Letter」から最後の「Honeybee」まで。ドップリ浸れますね。
A面最後の「Kind Hearted Woman」とかもかなりディープです。

B面4、5曲目の「She's Alright」「Landlady」はエルジン・エドモンズのドラムスが入り、リトル・ウォルターとジミー・ロジャースが加わり、初期のバンド・スタイルのサウンドを聴く事ができますね(但し、ベースはいないようです)。

ちなみに、「Honeybee」のみがアルバム「The Best of Muddy Waters」と重複して収録されているようです。

いや~、やっぱりマディは凄いです。
汗臭いですね~、泥臭いですね~、深いですね~


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。
といっても、このCDを購入する方はもういないんでしょうね。「The Real Folk Blues」とのカップリングがあるようですからね。


◆iTunes StoreでThe Real Folk Blues / More Real Folk Blues - マディ・ウォータースをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : マディ・ウォーターズ More Real Folk Blues

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。