スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シングス・アイ・ユースト・トゥ・ドゥー/ピー・ウィー・クレイトン

前回まで、シカゴ・ブルースが続いていたので、唐突な感じもあるのですが、単純に聴きたかったので、引っ張りだしてきました。

ウェスト・コーストの大御所モダン・ブルース・ギタリスト、ピー・ウィー・クレイトンです。
いつものことですが、このアナログ盤も、その昔たまたま目にして手にすることが出来ました。

シングス・アイ・ユースト・トゥ・ドゥー
Things I Used to Do

シングス・アイ・ユースト・トゥ・ドゥーオリジナルは恐らく1971年にヴァンガードから発表されたものですが、手にしたのは1979年の国内再発盤で、『栄光のギター・プレイヤー1500シリーズ』という企画盤ですね(笑)

余談ですが、この『栄光の~シリーズ』はライナー・ノーツにちょっとだけタブ譜が載っていて、ギターのテクニック解説までしちゃってます。
ちなみに、ギター・テクニック解説は吾妻光良さんで、なかなか面白いです(笑)

ピー・ウィー・クレイトンと言えば、Tボーン・ウォーカーのフォロワーの第一人者と言われ、当時のギター・バトルなんかで腕を磨いて、時には師匠のTボーンとも対決したらしく、人気はかなりあったようですね。

まずは、風貌が良いですよね。
有名なアルバム「ブルース・アフター・アワーズ」のジャケットのまるで、とっちゃん坊や…失礼、伊達男の風情が何ともおちゃめで粋です。
ちなみに、このアルバムのジャケットは、かなり渋くきめてますけどね。

アルバム録音用のバンドはシンプルで、サイド・ギター、ベース、ドラムス、そしてキーボードにはほとんどエレクトリック・ピアノが使用されてます(これが結構、軽めなサウンドに効いてますね)。
ヴォーカルは抑え気味で渋く歌っていますが、それほど聴かせる感じではなく、やっぱり聴き所はギターですね。

ご存知アール・キングの「Let The Good Times Roll」やミディアム・テンポのピー・ウィーのヒット曲「Blues After Hours」。
アルバム・タイトル曲「Things I Used To Do」はもちろんギター・スリムの名曲ですが、もちろん弾きまくってます。
あと「S.K. Blues」なんかもいいですね。

そのブルースは、時折R&Bの香りもしてくる、基本ノリの良いサウンドですが、そこにサラッと軽快に、時に熱く、時にクールに響くギターが何とも味があっていいですね。
時々ハチャメチャになるのも最高です(笑)

1985年に他界しています。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでPee Wee Craytonをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。

tag : ピー・ウィー・クレイトン Pee Wee Crayton シングス・アイ・ユースト・トゥ・ドゥー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おじさん
どうも
渋すぎです・・・・
流石

Re: No title

SNAKEさん、どうも。
狙って手にした訳ではないんですよ。
本当に昔は選ぶ余地がなかったので、知っている名前を見つけたら、
とりあえず飛びついたものです。
プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。