スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sir Douglas Quintet+2=(Honkey Blues)/サー・ダグラス・クインテット

前回の流れで、ダグ・サームです。

その前回出てきたCD「Texas Tornado」で初めてダグ・サームを聴いて、無茶苦茶気に入ってしまった訳ですが、それ以来、名前を目にしたら手にしていましたね。

バンド「Texas Tornados」のCDはすぐに手にできたのですが、初期のアルバムはCDもLPも結構探しました。

そんな中、CDの他、何とかアナログレコードも数枚入手することができました。

う~ん、その中のどのアルバムから紹介しようかと思ったのですが、購入時期ももう忘れてしまったので、分かる範囲でですが、持っている中で古いリリース順で紹介しますかね。

といっても、ダグ・サームのディスコグラフィが良く分かってないんですけど、まぁいいか、まずはこれです。

Sir Douglas Quintet+2=(Honkey Blues)

Sir Douglas Quintet+2=(Honkey Blues)1968年発表の2作目。輸入盤の中古を手にしました。

ダグ・サームがサー・ダグラス・クインテットを組んで、アルバムとしては「The Best Of Sir Douglas Quintet」(1966年)が最初のアルバムのようですが、それは持ってないんです。
このアルバムはイギリスのビート・バンド的だというのだから、聴いてみたいですね。

で、デビュー作発表後、ダグ・サームはテキサスを後にしてカリフォルニアへと移り、ヒッピー・ムーブメントの中、サンフランシスコでリリースしたのが、今回のアルバムですね。

その時代性なのか、サイケデリック・ロック色の強い内容で、事情を良く知らないリスナー(当時の私)にとっては、ダグ・サームをさかのぼって聴いて、「エッ?」という感じは否定できません。

しかし、「Glad For Your Sake」のような、ムードたっぷりのいかにもの曲もあったりしますし、アルバム最後の長いタイトルの「You Never Get Too Big And You Sure Don't Get Too Heavy, That You Don't Have To Stop And Pay Some Dues Sometime」もカッコいいですね。

ダグ・サームの迫力満点のあのヴォーカルもこの頃からですし、アルバムとしては、かなり楽しめます。
それにしても、この頃からどの曲もホーンが効果的に使われてますね。

ちなみに、デビュー作には参加ていた、盟友オージー・メイヤーズ(オーギー・メイヤーズ等とも表記されます)はこのアルバムには参加してないようです。

前回に書きませんでしたが、残念ながらダグ・サームは1999年、58歳で亡くなってます。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでSir Douglas Quintetをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : ダグ・サーム サー・ダグラス・クインテット Sir Douglas Quintet+2=(Honkey Blues)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。