スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mendocino/サー・ダグラス・クインテット

引き続き、ダグ・サームです。

今回登場するのは、サイケ色の濃い前作アルバム「Sir Douglas Quintet+2=(Honkey Blues)」に続き、同じくサンフランシスコでリリースされたアルバムです。
ただ、これもすぐには手に入らなかったんですよね。

Mendocino

Mendocino1969年発表で、サー・ダグラス・クインテット(Sir Douglas Quintet)名義での3枚目ですね。
輸入盤の中古を手にしました。日本語では「メンドシーノ」でしょうか。
そのタイトル曲の「Mendocino」がヒットしたようですね。

アルバムを聴いてみると、当時のサイケの香りも残しながらも、カントリーっぽさ、ポップな曲調、もちろんテックス・メックス色と、何ともこの雑多な感じがダグ流なんでしょうね。

ラフでワイルドで、この独特のグルーヴ感はたまりませんよ。

1曲目のヒットしたタイトル曲「Mendocino」が何と言っても、キャッチーで印象的ですね。
オルガンがいいですね~

そういえば、テキサスに残り前作では参加していなかった、盟友オージー・メイヤーズがサンフランシスコに来て再びメンバーに加わっています。

ダグのヴォーカルがグッとくる、A面4曲目の「At The Crossroads」とか、フィドルも入るB面4曲目「Texas Me」のような曲がやっぱり聴き所ではないでしょうかね。

B面3曲目の「She's About A Mover」は初の全米ヒットとなった曲で、1作目のアルバムに収録されていた曲ですが、何故かこのアルバムにも収録されてます。
イギリスのビート・バンド的な、なかなかカッコいい曲ですね。

ちなみにテキサス出身で“テキサス音楽伝道者”とか“キング・オブ・テックス・メックス”なんて呼ばれたりするわりに、ダグ・サームについての情報はほとんど目にすることがなかったんですよね。

その中でのレコード探しはなかなか大変で、見つからなくて、とりあえずその名前を目にしたら、内容が分からずも速攻手にしていました。

テックス・メックス界の超大物、フラコ・ヒメネス、フレディ・フェンダー、ダグ・サーム、オージー・メイヤーズという四天王によるバンド、テキサス・トーネイドス。こちらもとても気になりますが、こちらはCDで所有してるので、もし機会があればそのうちに紹介したいと思ってます。

とりあえず、何回かで続けてきたダグ・サーム関連はここで一旦終了しますね。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでSir Douglas Quintetをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。
このブログ内の関連記事

tag : ダグ・サーム サー・ダグラス・クインテット Mendocino メンドシーノ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。