スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マーク・ベノのMarc Benno

前回紹介の「テイク・イット・バック・トゥ・テキサス」をCDで聴いてすっかり気に入ってしまったマーク・ベノです。
その後は、CD、LPどちらでも良いので、とにかくアルバムを探しましたね(笑)

手にしたアルバムの購入時期は忘れてしまっているので、まずはこのアナログレコードからです。マーク・ベノの、

Marc Benno

マーク・ベノ1970年発表のデビュー・アルバムですね。
中古の輸入盤を手にしました。

アルバムにはブッカー・T.ジョーンズ、ライ・クーダー、ジェリー・マギー、コーラスでクーリッジ姉妹が参加していて、このメンバーがまたいい味出してるんですよね。

針を落とすと、もう、1曲目の「グッド・イヤー(Good Year)」から良いですね~!
この曲やA面4曲目の「トゥ・デイ・ラヴ・アフェア(Two Day Love Affair)」の、ノリや曲後半の女性コーラスとの絡みなんかが最高ですね。

それにスローでブルージーな曲も味があって、雰囲気ありますよね。

個人的に一番好きなのがA面最後の「セカンド・ストーリー・ウィンドウ(Second Story Window)」。
このアコースティックなサウンドがたまりません。
聴きながら黄昏れてしまいます。

B面1曲目「ティーチ・イット・トゥ・ザ・チルドレン(Teach It To The Children)」、B面3曲目「ハード・ロード(Hard Road)」ではライ・クーダーの渋いスライドが聴くことができます。

B面2曲目「ファミリー・フル・オブ・ソウル(Family Full Of Soul)」なんか、ゴスペル風女性コーラスが最高で、横揺れスワンプは心地よいですし、アルバム最後の「ナイス・フィーリン(Nice Feelin)」もコーラスとオルガンの響きが何とも染みてくる良い曲ですね。

って、何だか結局、どの曲も好きなんですが、「ハード・ロード」(Hard Road)のみ共作で、その他は全てマーク・ベノのオリジナルというのですから、ソングライターとしても凄いですよね。いい曲書きます。

気の利いたギターも忘れてはいけませんし、ヴォーカルも優しく甘めですが、気だるい感じで、何とも惹かれますね。

いや~、これがマーク・ベノのスワンプ・ロックか~!って感じで、このアルバムはかなり好きです。

実はこのアルバムは、1995年にCDで再発されていたものも手にしてます。

考えてみれば、CDとアナログLPを両方持っているアルバムってあまりないのですが(色々聴きたかったもので)、マーク・ベノは前回の記事の通り、CDの時代になってから聴き始めたものの、何だかアナログ盤でも欲しかったんですよね。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでMarc Benno - Marc Bennoをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : マーク・ベノ Marc Benno デビュー・アルバム ファースト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。