スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Enlightened Rogues/オールマン・ブラザーズ・バンド

1976年 の「熱風」(Wipe The Windows, Check The Oil, Dollar Gas)で一旦バンドが解散したオールマン・ブラザーズ・バンドは、2年後の1978年に1回目の再結成をするんですよね。

そして、バンドの再結成第1弾としてリリースされたのが、

Enlightened Rogues」(邦題は「いま、再び」)

Enlightened Rogues1979年発表で、キャプリコーンからの最後のアルバムです。
国内盤の中古を手にしましたが、正直、あまり印象のないアルバムだったんですよね。

再結成にあたってのメンバーは、
グレッグ・オールマン、ディッキー・ベッツ、ブッチ・トラックス、“ジェイモー”ジェイ・ジョハンソンのオリジナルメンバーと、ディッキー・ベッツと共に活動していた、ダン・トーラー(ギター)、デイヴィッド・ゴールドフライズ(ベース)。

ツイン・ギターとなるのは久しぶりですね。
ちなみに解散時のメンバーのチャック・リーヴェルとラマー・ウィリアムズはシーレベルでの活動を続けたため再結成には加わってません。

アルバム1曲目の「クレイジー・ラヴ(Crazy Love)」から、ディッキー・ベッツがかなり豪快にスライドを弾いてます。
この曲にはコーラスでボニー・ブラムレットが参加していて、パワフルな歌声でサポートしてますね。

アルバム通して、ディッキー・ベッツがご機嫌に、そして気合いを入れて弾いてます。

対して、グレックも負けずに、渋くて、力強い歌声を聴かせてくれてますね。
A面最後の「ニード・ユア・ラヴ・ソー・バッド(Need Your Love So Bad)」やB面1曲目の「ブラインド・ラヴ(Blind Love)」等では、グレックのブルース・フィーリングたっぷりのヴォーカルが楽しめます。

全体的にキャッチーで軽快で、派手さはないですが、健在ぶりを示したアルバムといったところですかね。

この後、アリスタに移籍後、2枚のアルバムをリリースするのですが、再解散してしまいます。

実はオールマンのアナログレコードは、これまでブログで出てきたもので、全部なんですよね。
肝心の名盤「フィルモア・イースト・ライヴ」はどうした!って感じですが、アナログ盤は持ってないんですよ。
例によって、ずっとカセットテープで聴いていて、後にCDで買い直しました。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでEnlightened Rogues - オールマン・ブラザーズ・バンドをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : オールマン・ブラザーズ・バンド Enlightened Rogues いま、再び

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。