スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルヴィン・リーの超絶ギター〜UNDEAD/TEN YEARS AFTER IN CONCERT

高校生の時、リバイバルで映画「ウッドストック」を観て、初めて知ったテン・イヤーズ・アフターとギターのアルヴィン・リー
とにかくその時の「I'm Going Home」におけるアルヴィン・リーのギターにぶっ飛んでしまい、探しました。

で、中古レコードを扱っているお店で見つけたのが、

UNDEAD/TEN YEARS AFTER IN CONCERT

UNDEAD当時、どのくらい中古レコード店というものがあったのか分からないのですが、少なくとも専門店は当時の私は知らなかったので、偶然見つけた「I'm Going Home」の入ったこのアルバムを見つけて大喜びだったのは言うまでもありません。

このアルバムは1968年のバンド2枚目にしてのライブアルバムです。
1968年ですから、私がぶっ飛んだウッドストックの前の「I'm Going Home」が聴く事が出来ます。

アルヴィン・リーのギターは速弾きのハシリで、あまりチョーキングを使わない、いわばジャズ的なアプローチでブルース・ロック・ギターを弾くといった感じでしょうか。

ベースラインが特にその感じを醸し出していて、A面2曲目の「ウッドチョッパーズ・ボール」なんか凄いですよね。
スィング感があるとも言えるが、やっぱりロック。カッコいいです。

今では、そうでもないのかもしれないですが、当時、ES-335から繰り出されるその速さは驚きでした。

そして、やはり頭から離れない「I'm Going Home」なのです。
このライブの演奏は、緊迫感がすごくて最高です。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。
◆Amazonでテン・イヤーズ・アフターをチェックする。
◆iTunes StoreでUndead - Ten Years Afterをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : テン・イヤーズ・アフター アルヴィン・リー UNDEAD Ten Years After

コメントの投稿

非公開コメント

初期の傑作!

アナログおじさん、こんばんは。
Alvin追悼記事にてレスコメント頂きましてありがとうございます。
加えて、小生のアメブロでの拙文をお読み頂いてありがとうございます。
僕もTwitterでアナログおじさんのAlvin追悼記事を共有させて頂きました。
facebookでは「いいね」が上手くリンクできませんでしたが・・・・・。

Undeadは初期の傑作ですね。
僕は、このアルバムでは、
I May Be Wrong,But I Won't Be Wrong Always
がお気に入りです。

但し、Undeadに収録されているオリジナル・スタジオ・ヴァージョンよりも、
1983年のMarquee25周年の単発結成コンサートのヴァージョンがお気に入りです。

http://www.youtube.com/watch?v=Ss91kzcI4D8

Alvinが亡くなってからは、このヴァージョンのこの曲ばかり聴いています。

Re: 初期の傑作!

アンダーソンさん、こんばんは。
いえいえ、アンダーソンさんがとても詳しくて、驚きましたが、師匠だったんですね。
こちらは、ちょっと聴いていた程度なので、お恥ずかしいですが、
Twitterのほうまでもありがとうございます。
facebookは、設定をいじっているので、ちょっと確認してみます。ありがとうございます。

アルバムはそんなに持ってないのですが、Undeadは手にして以来ずっと愛聴盤です。
さっそく、youtube聴きました。
う〜ん、カッコいい!
プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。