スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Where We All Belong/マーシャル・タッカー・バンド

良く言われますが、この、マーシャル・タッカー・バンドはサザン・ロックとして語られるのはもちろんですが、そのサウンドはワイルドさとか激しさ、泥臭さとは、ちょっと遠い感じですよね。

ただ、雄大さやスケールの大きさは、これはこれで、やはり、紛れもないサザン・ロックなのでしょうね。

Where We All Belong
(邦題:「アメリカン・ロックの鼓動」)

アメリカン・ロックの鼓動1974年発表の2枚組の3rdアルバムで、1枚目がスタジオ・レコーディングで、2枚目がライブですね。
バンドとしては、3枚目にしてもちろんライブ盤は初ですが、それにしてもサザン・ロックのバンドは2枚組が好きですよね(笑)

もちろん、サザン・ロックで重要な役割を果たしたキャプリコーンからです。

ゲスト・ミュージシャンには前作「A New Life」にも参加していたチャーリー・ダニエルズがフィドルで、それに私の大好きなエルヴィン・ビショップの名前もあります。

アルバム通して、ほぼ全面にホーンとフィドルがフューチャーされていて、それに、このバンドの特徴であるジェリー・ユーバンクスによるフルートが加わると、更にサウンドに厚みと、独特のエッセンスが加わる感じですね。
のんびり、ほのぼのといった雰囲気も時には感じさせる、田舎臭いとも雄大とも言える、何とも特徴的なサウンドです。

アルバムの内容としては、

スタジオ録音サイドは、「This O'l Cowboy」の軽やかで、フュージョンの香りもする爽やかな曲で始まります。

A面3曲目の「In My Own Way」はウェスト・コーストを思わせるくらいの綺麗なコーラスが印象的な良い曲ですね。

B面2曲目「Where A Country Boy Belongs」でエルヴィン・ビショップのスライドが聴けますが、控えめでした(笑)

スタジオ録音サイド最後の「Try One More Time」は、ミディアム・スローの4分の3拍子の郷愁を誘う曲で、こういう地味な曲は結構好きなんですよね。

2枚目のライブ・サイドは強力で、南部のバンドの本領発揮です。
ただし、収録はAB面各2曲で計4曲のみ。さすが南部のバンドのライブですね(笑)

A面1曲目の「Ramblin'」(1st収録)は、いきなりハイテンポでトイ・コールドウェルがギターを弾きまくってます。

2曲目の「24 Hours At A Time」(2nd「A New Life」収録)はチャーリー・ダニエルズを迎えての14分近くに及ぶ熱演で、壮快でスケールが大きく、いかにもという演奏で聴きものですね。

アルバム最後は、デビュー・アルバムのトップを飾っていた「Take The Highway」。
この曲は、ライブでパワーアップした感もありやはり素晴らしいです。

やはり、バンドの要と言える、トイ・コールドウェルのギターが印象的でサウンドを支えてますよね。
親指で弾いているそうですが、相当テクニカルで、カッコいいです。

カラッとした爽やかな空気感に、軽やかで壮快で雄大なスケール感。加えて、やっぱり、南部のバンドのライブの迫力は素晴らしいですね。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでWhere We All Belong - The Marshall Tucker Bandをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : マーシャル・タッカー・バンド アメリカン・ロックの鼓動 Where We All Belong

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。