スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

High Lonesome/ザ・チャーリー・ダニエルズ・バンド

本当はカントリー・ロックとかサザン・ロックとか、どちらでもいいんですけどね(といいつつ、本文中で使ってます…)。
このブログでは2枚目の登場となる、チャーリー・ダニエルズ率いるチャーリー・ダニエルズ・バンドです。

High Lonesome

High Lonesome1976年11月の発表で、前作「サドル・トランプ(Saddle Tramp)」と同年に発表されてるんですね。

要所要所でカントリー・フレーバーを強く匂わせながらも、南部の骨太なサウンドが基本にある、といった感じでしょうか。
バンド編成がツイン・ギターにツイン・ドラムスですからね。
本人はヴォーカルと、ギターはスライドも、そしてフィドル等も担当してます。

実は、チャーリー・ダニエルズについては、レコードはこの時期のものしか持ってなくて、あまり詳しくもありません。
なので、早速アルバムの内容について。

アルバム1曲目の「Billy The Kid」からハイテンポでかなりハードに迫るギターが印象的で、続く、2曲目「Carolina」はオールマンを彷彿とさせる(と言ったら失礼かもしれませんが)曲の勢いに加えて、ピアノであったりギターであったり、また気持ちいいツイン.ギターが聴きものですね。

3曲目のアルバム・タイトル曲の「High Lonesome」は哀愁を帯びたミディアム・テンポから始まり、洗練されたジャジーな演奏へと続くあたりちょっと異色です。

A面最後、4曲目の「Running With the Crowd」は、何とも南部らしいスケールの大きな曲調で、このギターはたまらんですよ。

B面1曲目の「Right Now Tennessee Blues」は早いテンポにブルージーなテイストが強く、ここでもピアノとギターが大活躍ですね。

B面2曲目の「Roll Mississippi」はミディアム・テンポで珍しく粘り気のある演奏ですね。ギター2人ともスライドを弾いていて、渋いですね。

ちょっとメローなB面3曲目の「Slow Song」と、フィドルを大きくフューチャーした4曲目の「Tennessee」では、マーシャル・タッカー・バンドのトイ・コールドウェルがスチール・ギターで参加してます。

アルバム最後(B面5曲目)の「Turned My Head Around」は、何とも力強い演奏に、スライドとこのバンドらしいフィドルが加わって、全体にご機嫌な熱い演奏を聴かせてくれています。

フィドルはもちろんですが、ヴォーカルやコーラスがカントリーっぽさを感じさせますよね、このバンドは。

と、ありきたりでしたが、全曲について感想を述べてしまいました。
というのも、全体を通して、どの曲も印象的で、非常に聴きごたえがあるんですよね。

それにしても、1976年はオールマンが解散した年ですが、こんな凄いバンドもいた訳ですよね。

いや~、久しぶりに聴いたのですが、いいですね、このアルバム。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでThe Charlie Daniels Bandをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : チャーリー・ダニエルズ・バンド High Lonesome

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。