スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hurry Sundown/アウトローズ

フロリダ州出身のサザン・ロック・バンドのアウトローズです。

オールマンやレーナード・スキナードほどの知名度はないですし、そのサウンドもサザン・ロックというにはかなり爽やかな感じですが、個人的には、その勢いのあるスカッとした感じが好きなんですよね。アルバムは、

Hurry Sundown

Hurry Sundown1977年発表の3rdアルバムですね。
中古の輸入盤を手にしました。

デビュー・アルバムから、そのサウンドは“一般的”なサザン・ロックのイメージからはちょっと離れていて、かなりカントリー色が強くて、爽やかで美しいコーラスと爽快なサウンドが特徴だったのですが、このアルバムではちょっと変化が見られます。

美しいコーラスは変わらずですが、曲によってはカントリー色が薄れて、ハードでスケールの大きな演奏も聴かれます。
それまでは、ほとんど感じられなかった“土臭さ”というのも香ってきますね。

アルバムのジャケットも、1stと2ndのイラストとは変わって、黒を基調の雰囲気の違うジャケットになってますよね。

アルバムの収録曲では、
A面3曲目の「So Afraid」のようなカントリー調の爽やかな曲もありますが、スケールの大きさを感じさせるA面4曲目の「Holiday」や、B面1曲目の「Cold and Lonesome」なんかは印象的で、何より全体的に曲がメロディアスになってますね。

そして何と言っても、ツイン・ギターのリフから始まるアルバム・タイトル曲「Hurry Sundown」がカッコいいです。
後半に畳み掛けてくるギターがやっぱりいいですね。

そうそう、アウトローズはトリプル・ギターの迫力なんですよね。

アルバム最後の曲「Man of the Hour」もカントリー色を漂わせながらも、雄大に壮快に展開してます。

ちなみにこのアウトローズも、このブログで時々出てくる高校の時のバンド仲間から借りて聴いたんですよ。
今考えると、その友人のコレクションは高校生としては、とんでもないですね(笑)

先に言っておきますと、アウトローズはこのアルバムの後に、かなりカッコいいライブ・アルバム「Bring It Back Alive」を出すんですが、持ってないんですよね。
それも、その友人から借りてカセットテープで聴いていたのですが、アルバム購入の機会がないまま今に至ってます。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでHurry Sundown (Remastered) - The Outlawsをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。
このブログ内の関連記事

tag : アウトローズ Hurry Sundown Outlaws

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。